「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会13日目、車いすの部男子シングルス準決勝が行われ、世界ランキング3位の国枝慎吾(日本/ユニクロ)が、5位のゴードン・リード(イギリス)と対戦。国枝が6-2、6-0で圧勝し、決勝進出を決めた。3年振り7回目の優勝を狙う国枝は、決勝で第2シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)と対戦する。

準決勝後のインタビューで国枝は「序盤からこちらのペースになっていましたし、途中ちょっと取られましたけどそこも計算の範囲内だったので、こちらも慌てずに対処できたと思います」「2セット目は一気に突き抜けることができたので良かったなと思います」と振り返った。

決勝の相手となるフェルナンデスについては「前回日本で彼と戦ったときに敗れていたので、その反省点も振り返りながら今回どうやってプレーするかという作戦を立てています」と話し、「こちらの調子もすごく良いので、まずは相手どうこうよりも、自分のプレーをここで発揮したいなと思います」と意気込みを語った。

決勝は日本時間6月9日18時に試合開始予定となっている。(テニスデイリー編集部)※写真は決勝進出を決めた国枝

(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)