東京六大学野球春季リーグ対早大
2018年6月4日(月)
神宮球場

2018年度東京六大学野球春季リーグ戦は、慶大の優勝をもって全日程を終えた。法大は5勝6敗、勝ち点2で3季ぶりに5位に沈んだ。しかし、中村浩人(営4)が打率.450の成績を残し首位打者を獲得。また、向山基生(営4)が外野手で、中山翔太(人4)が一塁手でベストナインに選出されるなど3人がタイトル獲得者に。チームの結果、そして3人のタイトル獲得のどちらも来季への糧とし優勝へつなげたい。

受賞選手コメント

中村 浩人 捕手(首位打者を獲得)

ー首位打者を獲得された今のお気持ちを
本当に、このような賞が獲れて素直にうれしい気持ちです。

ー早慶戦の結果を受けての首位打者獲得となりましたが、待っている間はどうでしたか
待っている間は、正直言うと「打たないでくれ」という思いしか無かったので、周りのチームメイトやマネージャーから争っていた選手が「何打数何安打だったぞ」ということを聞きました。自分も終盤戦で打率が下がっていったんですけど、(首位打者争いが)僅差の中で試合が続いていたので。早慶戦が終わって自分が取れたら良いなと思っていました。

ー法大では金子凌也選手(=現ホンダ鈴鹿)以来4季ぶりの首位打者誕生となりました
自分がこういう賞を獲れるとは春の開幕前には思っていなかったので、びっくりしているんですけど、金子凌也さん以来ということでチームメイトや監督さんに感謝したいです。

ーさらに打点もチームトップの9打点を挙げました
今シーズンは得点圏で回ってくることが多くて、その中で打てたので、得点圏で打てたことは今後の自信になったと思います。

ー投手のリードと打撃との両立で難しかったことは
本当に投打がかみ合わずに序盤は勝てない試合が続いて、自分も投手を引っ張る立場として本当に申し訳なかったですし、苦しい時期がずっと続いて。でもこういう経験をしたからこそ絶対に秋につなげなければならないと思います。自分はこういう賞を獲れても、本職は守備だと思っているので、秋は(守備で)貢献したいです。

ー副将として臨んだリーグ戦で難しかったことは
副将という立場になって、もっとチームのためにできたことがたくさんあったと思います。(春は)向山に背負わせたものが多分大きかったと思うので、そういう経験をしたからこそ、秋に向けての3ヶ月の間は自分がどんどん先頭に立っていってチームを引っ張りたいです。

ー来季の意気込みとしてファンへメッセージを
勝てない時期が続いたんですけど、毎試合たくさんのファンの方々が神宮に足を運んでくださったので、秋は絶対優勝したいと思います。

向山 基生 主将(外野手でベストナインを獲得)

ーベストナインを受賞して今の気持ちをお願いします
(ベストナインが)取れるか取れないか5分5分くらいの気持ちだったんですけど、取れて本当にうれしいです。

ーどういった点が評価されたと自身では思いますか
やはり打撃の打率であったりホームランかなと思います。

ーチームから3人タイトル獲得者が出ました
(チームが)5位という結果でも、3人が(タイトルを)取れたということは秋につながると思います。ですが、やはり(来季は)優勝してベストナインを法政で総なめできるようにしたいです。

ー首位打者を獲得した中村浩選手について
勝負強いところでも打ってくれましたし、打率以上の役割を果たしてくれたと思うので、すごく秋も頼もしいですし期待しています。

ー早慶戦を終え、改めて今季の総括をお願いします
慶応が優勝旗をもらう瞬間も胴上げした瞬間も見て、すごく悔しい気持ちもありますし、それをモチベーションに秋は自分たちが良い思いができるようにもう1回スタートしたいなと思いました。

ー主将として来季への意気込みをお願いします
今、練習も一から見直している状況で、また新しいスタートを切っています。毎回(季)のように『負けるのが当たり前』というような状況になってしまっているので、この秋は殻を破れるように頑張ります。

中山 翔太 内野手(一塁手でベストナインを獲得)

ー今季を振り返って
悔しいの一言です。

ーベストナイン初受賞について
個人の結果は出たのですが、チームの結果につながらなかったので、嬉しくないです。

ー今季の中で印象に残った試合
中村(浩人)がサヨナラヒットを打った試合(対明大1回戦)ですね。

ー来季に向けての課題
全部1点差の試合を落としているので、そこを秋までに幹部陣で話し合ってどうしたらよいか考えていきたいと思います。

ー副将としてこれから取り組むべきこと
僕が率先して声を出してチームをまとめていけたらと思います。

ー4番としてこれから取り組むべきこと
打点を上げられるように勝負強さを磨いていきたいです。

ーファンの方に一言
いつも応援してもらっているので、秋は絶対応えられるように頑張っていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

清水俊の掛け声に合わせ足並みのそろった行進を見せた
行進を見つめる首脳陣(左から真木将樹助監督、青木久典監督)
優勝校の慶大には優勝旗が手渡された
閉会式中の選手たち
閉会式では笑顔でトロフィーを受け取った中村浩
首位打者を獲得し、写真撮影に応じる中村浩(左、右は立大の田中誠也)
首位打者を獲得し、写真撮影に応じる中村浩(左、右は立大の田中誠也)
タイトルを取った3人(左から向山、中村浩、中山)
トロフィーを手に撮影に応じた(提供:法政大学野球部)