「黒黄のタイガージャージー」で知られる名門・慶應大学蹴球部(ラグビー部)。1899年創部で最古の歴史を持つ日本ラグビーのルーツ校に、今年初めて医学部在籍のキャプテンが誕生した。



医学部生として初めて慶應大ラグビー部の主将に選ばれた古田京

 4年生同士で相談した結果、119代目となる主将に推されたのは、「文武両道」を地で行くSO(スタンドオフ)古田京(ふるた・きょう/4年)。就任4年目の金沢篤ヘッドコーチ(HC)も、「彼が入るとチームが落ち着く。ゲームの流れをコントロールできる」と賞賛するほど、指揮官の信頼の厚い絶対的な司令塔である。

 5歳のときに麻生(あさお)ラグビースクールで競技を始めた古田は、中学校から付属の慶應普通部に進学した。慶應高から慶應大の医学部に進学できるのは、一学年約700人のうち、たったの22人。そんな狭き門を、古田は突破した。

「評点平均が(10段階中)9弱あって、選択科目も取って医学部に進学できるというので、周りの人と相談して決めました。ただ、初めは大学でラグビーを続けるとは思っていませんでした」

 しかし、4年前の医学部進学を決めた直後、慶應高は13年ぶりに神奈川のライバル桐蔭学園高を下し、「花園」全国高校ラグビー大会に出場することになる。そして元日に行なわれた御所実業高(ごせじつぎょう/奈良)との3回戦――。雪の舞うなかでのロスタイム、相手のWTB(ウィング)竹山晃暉(現・帝京大4年)にサヨナラ逆転トライを喫し、14-19で敗戦してしまう。

「御所実業に勝てれば決勝に行けたと思いますし、もっと(決勝で)いい試合ができたはず」

 そのときに感じた悔しい思い、さらには高校日本代表にも選出されたことが18歳の青年の背中を押す。「医学部で勉強しながらも、体育会でラグビーが続けられるのか」とかなり悩んだというが、金沢HCにも相談した結果、古田は大学でも楕円球を追うことを決めた。

 慶應大の長い歴史のなかで、過去も医学部に在籍しながらラグビー部でプレーしようとした選手はいたようだが、昔は昼間から練習が行なわれていたこともあって、すぐに挫折してしまったという。それではなぜ、古田はラグビーと勉強の両立ができているのか――。

 現在の慶應大ラグビー部は、授業前の朝にウェイトトレーニングを行ない、さらに授業後の18時くらいから全体練習というスケジュールを組んでいる。1時限目から4時限目まで毎日授業がある古田は、神奈川県出身だが特例として1年の冬から寮に入れてもらった(本来は1年生で寮に入れるのは遠方の県外生徒のみ)。

「周りの人のサポートが大きかったです。医学部は2年生から(日吉のグラウンドから遠い)信濃町だったので、寮に入らないと無理でした」

 また、古田は両立するために「準備」も心がけたという。

「ラグビーの試合が日曜日なら、まずは取り組むテーマを決めて、月曜日から相手のビデオを見て、キックの練習をして……とやりますが、それはテスト勉強も同じで、1ヵ月前、2週間前というふうに準備します。すべてそうですが、準備を早くすることが大事です。今は(医学部にもラグビー部にも)どちらにも迷惑かけていないと思います」

 ただ、そんな古田も2年時の後半、ラグビーの公式戦と医学部での解剖実習などが重なった時期は、「今では、もうできません(苦笑)」というほど両立が大変だったという。「僕のミスで負けた試合もありましたが、授業でヘロヘロでも試合に出してくれましたし、金沢HCや当時の4年生が助けてくれましたし、最後まで支えてくれました」と感謝を口にする。

 慶應大は昨年度、十分に優勝を狙える位置にいたと言っていいだろう。9連覇した帝京大には3点差で惜敗したものの、準優勝の明治大には関東大学対抗戦で勝利した。他に敗戦した試合を見ても、早稲田大戦は2点差、大東文化大戦は5点差という僅差だった。一昨年も負けた試合は最大でも11点差と、大敗を喫していない。

 一方で、それは厳しい言い方をすれば、「接戦に弱い」ということにもなる。そこで古田を中心とするリーダー陣は、ラグビーの質をもっと上げるとともに、「毎日一生懸命やる」「どんな試合でも勝ちにこだわる」「細部にこだわる」という3つのテーマを1年間やり抜き通すと決めた。

 3年時からリーダー的な役割を担っていた古田は、キャプテン就任後から気をつけていることがある。それは、司令塔というポジション柄、どうしても意見を多く言ってしまいがちになることだ。そのため、古田は常に、「みんながリーダーになれるような組織になってほしいから、僕はあまりしゃべらないように意識している」という。その行動に対して金沢HCは、「(古田は)自分だけでなく周りを巻き込むように、うまく(キャプテンが)できていると思います」と目を細める。

 中学時代からともに慶應で楕円球を追ってきた副キャプテンのLO(ロック)辻雄康(つじ・たかやす/4年)やFB(フルバック)丹治辰碩(たんじ・たつひろ/4年)は、大学卒業後にトップリーグの舞台へと進む予定だ。その一方で古田は、来年の5年生以降は医師国家試験の準備のために、最前線で選手としてラグビーに取り組むのは「今年でもう終わり」と心に決めている。

「辻や丹治は先を見ていて、すごくレベルを上げていますし、世界を見ているのでカッコいいなと思います。ただ、ラグビーを続けるなら、すべてを賭けないと日本代表にはなれない。今は慶應というチームで、プレーヤーとしてもリーダーとしても一生懸命がんばることに魅力を感じています」(古田)

 もちろん今年度も、慶應大の目標は1999年度以来となる大学選手権での優勝だ。古田もキャプテンとして、ラストチャンスに賭ける想いは人一倍強い。

「(今年も)日本一を狙える位置にいると思いますし、いかに(日本一を)追求できるか。高校時代は東福岡(福岡)を破って優勝できるとは思っていなかったですが、大学はどのチームも帝京大に勝てないとは思っていない。最後に勝って終わらないと意味がないし、『優勝しないと(卒業した後に)本当の仲間と思えない』とみんなも言っているし、僕もそう思っています」

 古田は時間があればラグビーのビデオを見て研究し、キッカーとして他の人よりグラウンドに早く来てゴールキックの練習をしている。準備を大事にしてコツコツやる姿勢は、勉強もラグビーも変わらない。4年生になった今年は「2~3年生のときよりも授業は講義が中心なので、ラグビーに集中できています」という。

 そして、同じように文武両道を貫きたいと考えている後輩たちに向けては、こう語る。

「勉強とラグビーと両方やりたい人がいたら、あきらめないでほしい。体育会でラグビーをやることは簡単なことではないですし、医学部で勉強することも大変です。ただ、いろんな支えがあって両立できるので、一生懸命やればできます!」

 高校までラグビープレーヤーだった父親の十(じゅう)さんは、「自分を超えてほしい」という想いを込めて、漢数字の単位である兆(ちょう)の上の京(けい)にちなみ、息子に「京(きょう)」と名づけた。古田のモットーは、「全部一生懸命、何でも楽しくやる」。練習でも、試合でも、困難なときほど笑って楽しくやろうと心がけているという。

 キャプテンとして、そして「10番」を背負う司令塔として、古田京のラストシーズンがついに始まった。ラグビー人生の集大成となる今年、慶應大を19年ぶりの日本一に導くことができるだろうか。