ついに迎えた伝統のカード。すでに連覇を決めている慶大は早大との1回戦に臨んだ。序盤は投手戦となったが、3回、先発・髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)の暴投により思わぬ形で先制点を献上してしまう。しかし4回、柳町達(商3・慶應)の二塁打などから2死満塁の好機を作ると、ここで早大先発の小島が暴投。試合を振り出しに戻す。さらに直後、瀬戸西純(政2・慶應)が2点適時打を放って3-1とし、早大を一気に突き放した。その後も髙橋佑樹(環3・川越東)が好投を見せてリードを守り抜き、そのまま試合終了。相手のミスにつけ込んで攻撃を仕掛けた慶大が勝利をもぎ取り、「完全優勝」に王手をかけた。

大勢の観客が詰めかけた神宮球場。照りつける太陽の下、ついに戦いの火蓋が切って落とされた。

慶大の先発は髙橋亮。先頭を左飛で打ち取るも、次の打者を味方のエラーで塁に出してしまう。四球、中飛からのタッチアップで2死一、三塁と初回からピンチを迎えるが、続く打者を遊ゴロに仕留めてなんとか切り抜けた。対する早大の先発は小島。相手の絶対的エースに対し、慶大も小原和樹(環3・盛岡三)のヒットと河合大樹(環4・関西学院)の犠打で好機を演出するが、後が続かず。両チームとも相手投手を打ちあぐねる展開が続く。

均衡を破ったのは早大だった。3回、小島にこの日初のヒットで出塁を許すと、犠打と三ゴロで塁を進められてしまう。すると2死三塁から、髙橋亮が暴投。ぽっかりと空いたホームに小島が駆け込み、思わぬ形で先制点を献上してしまった。

チャンスを演出した柳町

だが4回、慶大打線が奮起する。先頭の柳町がストレートを捉え「しっかり芯に当たって飛んでくれた」と左中間を破る二塁打を放つと、4番・郡司裕也(環3・仙台育英)もライトへのヒットで続き無死一、三塁に。目の覚めるような連打に慶大スタンドも大いに盛り上がる。嶋田翔(環2・樹徳)の一邪飛と内田蓮(総4・三重)の空三振で2死まで追い込まれるも、続く中村健人(環3・中京大中京)がフルカウントからファールで粘って四球を選択。満塁とした。絶好機で打席に立ったのは、瀬戸西。だがその初球で今度は小島が暴投し、すかさず柳町がホームイン。あっけないとも言える形で同点に追いついた。会場の興奮が冷めないまま迎えた次の投球。「思い切っていこう」と瀬戸西が振り抜いた打球はイレギュラーし、これをセカンドが捕球できず。ライトへの2点適時打となり、3-1と早大を一気に突き放した。ここまで打率.188だった男が大舞台で勝負強さを見せつけた。

決勝の2点適時打を放った瀬戸西

援護をもらった髙橋亮は直後の5回、先制のホームを踏んだ小島を空三振で抑えると、次の打者もこの日の最速145㌔のストレートで逃三振に仕留めるなど尻上がりに調子を上げていく。小原の好捕球も飛び出すなど、野手陣も彼の投球を盛り立てた。その裏、小原の死球から河合の犠打でチャンスを作ると、打席には柳町。センターへの打球が相手の好守備に阻まれるも、小原がその間に進塁し、1死三塁とする。しかし続く郡司がフルカウントまで粘るも一邪飛に倒れ、追加点を取ることはできなかった。

7回からマウンドに上がった髙橋佑は、ストライク先行で打者を早めに追い込む投球を見せる。1死1塁の場面で迎えたのは、早大の3番・福岡。昨年春の早慶戦で慶大の優勝を奪う打球を放った手ごわい打者だ。“川越東高校対決”ともなったこの打席だが、しっかりと遊飛に打ち取り今回は髙橋佑に軍配が上がった。

今日は3イニングをゼロに抑えた髙橋佑
好機は作るものの両校ともに点を入れられないまま迎えた9回、早大が意地を見せる。途中出場の三木がセンター前にヒットを放つと、1死1塁から空振り三振の間に代わって入った黒岩が快足を飛ばして二塁へ。さらにそれを刺そうとした郡司の送球が逸れて2死三塁に。一塁側スタンドも大盛り上がりを見せた。だが続く打者を遊飛に切って取り、試合終了。慶大は勝ち点5での完全優勝に王手をかけた。
チャンスを広げた郡司
すでに連覇を決めている慶大。伝統の一戦でまず1勝し、宿敵ワセダに「陸の王者」としての貫禄をしっかりと見せつけた。狙うのは勝ち点5のみ。彼らが「完全優勝」を決め、笑顔でパレードをする姿が待ち遠しい。夢の栄冠まで、あと1勝だ