ラグビーワールドカップ2019静岡県開催推進委員会は、2019人でラグビーボールのパスリレーを行う「2019人ラグビーパスリレー」を6月16日(土)に静岡県袋井市にて開催する。

「2019人ラグビーパスリレー」は、JR愛野駅からラグビーワールドカップの試合会場となるエコパスタジアムまでの道のり約1.2kmをラグビーボールのパスリレーでつなぐ企画だ。ラグビーワールドカップが開催される2019年にちなんだ2019人でのパスリレーで、開催まで500日を切ったラグビーワールドカップ2019を盛り上げる。

パスリレーには、ヤマハ発動機ジュビロ選手や自治体の市長も参加を予定。2列で並んで、エコパスタジアムで対戦する8チームの色にカラーリングされたラグビーボールのリレーを行う。パスリレー後は、ヤマハ発動機ジュビロと三菱重工相模原ダイナボアーズプレシーズンマッチの観戦者を地元特産品でもてなす。

パスリレーの参加申し込みは、特設サイトから行う。6月8日(金)締切。また、当日は「ヤマハ発動機ジュビロvs三菱重工相模原ダイナボアーズ」の試合や、「リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表vsイタリア代表」のパブリックビューイングを行う。どちらも申込不要、無料。