張本智和 Photo:Itaru Chiba


 1日、ITTFワールドツアープラチナ「中国オープン」<5月29日~6月3日/深セン>同大会はツアー最高格付けのプラチナ大会とあって出場選手も超豪華。本戦出場選手には各国代表がずらり名を連ねる。



 男子シングルス1回戦で、世界ランク10位の14歳・張本智和(JOCエリートアカデミー)がロンドン五輪金メダル、リオ五輪銀メダルを獲得し、世界卓球も2度制す(※シングルス)など、数々のタイトルを手にしてきた元世界王者の張継科(中国)と対戦した。元世界王者相手にバック、フォア全てにおいて張本が上回り、11-8、11-3、11-8、11-6のストレートで圧倒。2回戦に駒を進めた。同選手は、2回戦で世界ランク5位の林高遠(中国)と対戦する。

【ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン】
5月29日(火)~6月3日(日)開催

<男子シングルス 1回戦>
張本智和 4-0 張継科
11-8/11-3/11-8/11-6