立大の春が幕を閉じた。今季2回目の先発となった川端健(コ1=秀岳館)が9回途中までを1失点の好投。打っては5回に宮(コ2=市立船橋)が昨日に引き続き左翼フェンス直撃の適時打で先制する。8回にも女房役の藤野(営3=川越東)が走者一掃の中前安打で2点を追加。勝ち点を3とし、リーグ戦の全日程を終えた。 

川端健にとっては、悔しさの残る白星だ。初回をわずか9球、時間にして約2分で三者凡退に抑える完璧な立ち上がり。マウンドではいつもクールなルーキーだが、今日は一味違った。「最後の試合だったので楽しく投げようと思った」と、野手陣に積極的な声かけ。「(頑張れという言葉を)いろんな先輩に言われる。先輩に恵まれているなと思う」。期待に応えるために、自然と気持ちが前に出た。5回の併殺の場面ではエース・田中誠(コ3=大阪桐蔭)を思わせる“吠え”も炸裂。「自分が作ったピンチを野手に助けてもらって嬉しかった」と振り返った。8回までは2塁ベースすら踏ませず“0”を電光掲示板に並べる。 

 しかし完封目前の9回、1死2塁の場面で代打の平田(4年=甲陽学院)に安打を浴び、1点を返された。二遊間を抜けた打球をしばらく見つめていると、交代の声がかかった。「正直、完投したいという気持ちがすごく強かった。勝利できた嬉しさより、完投できなかった悔しさの方が大きい」。法大2回戦では「先発でもリリーフでもこだわりはない」とコメントしていた川端健が初めて闘志をあらわにした。

打っても川端健がチームに貢献した。5回、宮の適時打で1点を先制した直後、1死2塁から遊撃手の頭上を抜ける安打でリーグ初打点。8回には女房役の藤野が左翼手越えの適時打で2点を追加した。「(打率を)3割にのせるために狙っていた」と計画通りの打撃になり川端健を援護した。 
 

連勝で勝ち点を3とした立大は、今日の第2試合に行われた法大対明大の結果でリーグ2位に決まった。しかし主将・松﨑(文4=横浜)と溝口監督(90年度卒=湘南)から出た言葉は奇しくも同じ。「優勝できなかった。順位は意味がない」。優勝だけを見据えていた立大は、「強い立教」となるべく鍛錬の夏に臨む。 
 

(5月27日・内村彩香)




◆コメント◆
春季の指揮を終えた溝口監督#30 
「東大戦2試合で勝ち点をとれたことは良かったと思います。(勝ち点3で終了したことについては)優勝していないので全く何もないです。8勝4敗とはいえ、優勝できていないわけですから。秋は優勝します。いくら良い努力をしても優勝できなければ何かが足りないということになるので乗り越えたいと思います。キーマンは投手陣です。」 

この日2安打を放った主将・松﨑#10 
「(チーム初ヒットは)シンプルにしっかりタイミングを合わせて振ることを意識しました。今季はやはり優勝できなかったので、その事実を受け止めてやらなければいけないと思います」 

2安打2打点で、川端、手塚をリードした藤野#27 
「東大は直球に強いので、それをいかにどう抑えるかを考えてカットボールを低めに集めた結果、打たせて取ることができました。最後の打席に入る前に打率が2割9分というのが見えていたので、3割にすることができて良かったです。今季は田中誠におんぶで抱っこのシーズンだったので、秋に向けて2人目のピッチャーの育成が必要だと感じました。」 

先制点となる適時打を放った宮#23 
「今日はチームの流れがあまり良くなかったので自分がどうにかしようという気持ちを持ってやった結果が、あのような結果になったと思います。今季は早大戦からスタメンで使っていただいたのですが、良い結果を残せずチームに迷惑かけていたので、最後は打つことができて良かったです。」 

最終回を無失点に抑えた手塚#19 
「ピンチではいくつもりでしたし、マウンドに上がった時は冷静にしっかりと投げることができたと思います。今季はチームの勝利に貢献できず、田中誠と川端健に迷惑をかけることが多かったので、実力が足りなかったと思います。来季は先発であれば先発、抑えであれば抑えの役割をしっかりと果たせるように頑張ります。」 

今季最終戦に先発し、9回途中1失点と好投した川端健#21 
「正直、完投したいという気持ちがすごく強かったので完投できなかった悔しさが強かったです。最後の試合だったので楽しく投げようと思って周りとコミュニケーションを取りながら投げていました。(初めてのリーグ戦を終え)思った以上に登板機会が多くて、2勝もして。思う以上の活躍ができたと思います。その分、チームの足を僕が引っ張ってしまったところもあるのでそこは秋までに改善します。秋はピッチャーが引っ張って優勝できるように頑張ります。(秋に向けて)自分自身、先発になりたいという気持ちが強くなってきたので春リーグ終わった今から秋までの間、しっかり先発として活躍できるように調整していきたいと思います。」