東京大学 1 - 4 立教大学
勝:川端健 敗:小林

中盤まで緊迫した投手戦が展開された一戦を立大が制した。

打線は5回裏に江藤(③東海大菅生)が盗塁を決め2塁へ。そのチャンスを宮(②市立船橋)が活かし先制タイムリー。さらに先発・川端健(①秀岳館)が自らを助ける一打で加点し2対0。8回には藤野(③川越東)のタイムリーで2点をダメ押しして4対0とした。

投げては先発の川端健が6回まで東大打線をノーヒットに抑えるなど好投。9回に失点するも変わった手塚(③福島)が落ち着いて最後を締めた。

東大は先発・小林(③横浜翠嵐)が守備の好守にも助けられ4回までノーヒットを続けるも5回に力尽きた。打線は9回に代打・平田(④甲陽学院)のタイムリーで1点を返すも後が続かなかった。

2位の可能性を残す立大は明治の結果を待つ。今季未勝利に終わった東大はこの悔しさを秋季に活かせるか。