立教大学 7 - 1 東京大学
勝:田中誠 敗:小林
本塁打:立教・三井 4号(5回)

投打が噛み合った立大がリード終始リードを守り、7対1で勝利。

打線は1回松﨑(④横浜)の安打などでチャンスを作ると、飯迫(④神戸国際大付)の強烈な打球で相手のミスを誘い、2点を先制。4回、種田(④大垣日大)の適時打で1点を挙げ流れを引き寄せると、5回には4番・三井(②大阪桐蔭)の今季4本目となる本塁打と田中誠(③大阪桐蔭)の犠牲フライで更にリードを広げた。8回には三井が技ありの適時打でダメ押しとなる7点目を入れた。

先発・田中誠は安定感のあるピッチングで9回1失点、12奪三振と今季4度目の完投、6勝目を挙げた。

敗れた東大は小林(③横浜翠嵐)が試合を作れず4回3失点。続く投手陣も立大打線を抑えることができなかった。野手陣も勢いにのる田中誠を捉えることができなかった。

2位浮上の為、連勝で明大にプレッシャーをかけたい立大。一方東大は1勝をして意地を見せたい。