連敗を5で止め、バイウィーク(試合がない週)にリフレッシュしたオーストラリア・カンファレンス2位のレベルズが、5月25日に地元メルボルンでサンウルブズと戦う試合登録メンバーを発表した。

 日本代表選手として6月のテストシリーズを控えるNO8アマナキ・レレイ・マフィだが、まだ日本には戻らず、12試合連続の先発出場となる。今季全15チームの全選手中、ボールキャリー数1位、キャリーした総距離は3位で、チーム・オブ・ザ・ウィーク(週間ベストフィフティーン)に選出されること3回と、圧倒的な存在感を示しているマフィがレベルズのキーマンであることは間違いない。

 そのほか、首を痛めていたスター選手のFBデイン・ハイレットペティは1か月ぶりの戦列復帰となり、15番をつけて強いリーダーシップを発揮するだろう。同じく負傷していたオーストラリア代表キャップ保持者のWTB/CTBセファ・ナイヴァルとHOジョーダン・ウエレセも復活し、リザーブとして待機する。

 一方、司令塔であるSHウィル・ゲニアは負傷した膝が完治しておらず、試合登録メンバーには入らなかった。

 3月3日に東京・秩父宮ラグビー場で対戦したときは37-17と快勝したレベルズだが、デイヴィッド・ヴェッセルズ ヘッドコーチは「サンウルブズはこの2週間、すばらしいアタッキングラグビーでレッズとストーマーズを倒しており、彼らが自信を持ってメルボルンに到着することを知っている」と警戒し、初のプレーオフ進出へ望みをつなげるためにも、メルボルンの人々が誇りに思えるようなラグビーを見せたいと気を引き締めている。

1.Fereti Sa’aga  2.Anaru Rangi  3.Sam Talakai  4.Matt Philip  5.Adam Coleman(主将)  6.Angus Cottrell  7.Colby Fainga’a  8.Amanaki Mafi  9.Michael Ruru  10.Reece Hodge  11.Marika Koroibete  12.Billy Meakes  13.Tom English  14.Jack Maddocks  15.Dane Haylett-Petty

〔リザーブ〕
16.Jordan Uelese  17.Ben Daley  18.Pone Fa’amausili  19.Geoff Parling  20.Lopeti Timani  21.Harrison Goddard  22.Tayler Adams  23.Sefa Naivalu