勝ち点をかけた今日の試合は、昨日に続く大勝。先発の高田孝一(法2)や2番手の石川達也(キャ2)ら投手陣も粘り、打線も打者一巡の猛攻を見せるなどつないで得点を重ねる。安本竜二(営3)や川口凌(人4)など主軸以外の選手も活躍を見せ見事勝ち点を手にした。

戦評

大勝から一夜明けた東大との第2回戦、母の日である今日は選手全員がピンクのリストバンドを身につける粋な演出が行われた。今季未だ勝ち点のない法大は、連勝での勝ち点を目指し試合に臨んだ。

法大の先発は、ここまでカードの2戦目の全て先発している高田孝一(法2)。初回、先頭にいきなり左前安打を許すも、後続を落ち着いて断ち無失点で切り抜ける。

早い段階で先制したい打線は3回、昨日に続きスタメンで起用の安本竜二(営3)の内野安打を皮切りに、1番相馬優人(営3)の適時打で鮮やかに先制。試合の主導権を握ったかに思われた。しかし4回、ここまで危なげない投球を続けていた高田が東大の4番岡俊希に甘く入った直球を左翼席へ豪快に運ばれ、早々に同点に追いつかれてしまう。

突き放したい法大は5回、1死から安本が左翼線を破る二塁打で出塁すると、続く投手の高田が自らの手で左中間へ適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。

ここからは完全に法大ペース。6回には昨日サイクルヒットを記録した絶好調の中山翔太(人4)が快足を飛ばし三塁打で好機を作ると、現在首位打者の中村浩人(営4)の犠飛で追加点を奪う。7回には安本がこの日猛打賞となる左前安打で出塁すると、犠打、四球を挟んだ後、昨日爆発した打線が再び火を吹いた。川口凌(人4)の右越え二塁打を含む4安打の猛攻で一挙4点を奪いビッグイニングに。続く8回には川口凌、向山基生(営4)がともにこの日3打点目となる犠飛を立て続けに放ち、更に2点を追加した。

大量援護を受けた投手陣は、昨日に続き危なげない投手リレー。2番手の石川達也(キャ2)は7、8回を完璧に抑え、抜群の安定感を見せた。9回を任された朝山広憲(法4)は先頭に三塁打を許し、内野ゴロの間に失点したものの、10-2で逃げ切り、今季初の勝ち点をもぎ取った。

高田は嬉しい六大学リーグ初勝利をマーク、打線は2日連続の二桁得点を記録し、地に足をつけた試合運びで初の勝ち点を奪取した法大。開幕から連続で2カードを落とし、自力優勝は無くなったものの、3季連続のAクラスに向け再スタートを切った。来週以降の試合でこの勢いは本物か、真価が問われる。ここからの逆襲に期待せずにはいられない。

(湯浅駿)

クローズアップ:安本竜二 選手

前日の試合で4安打4打点の大活躍を見せた安本竜二(営3)。勢いそのままに今日の試合でも猛打賞の活躍を見せ、今季初の勝ち点獲得に大きく貢献してみせた。

走者がいる場面で安打を放ち、その勝負強さを見せた前日とは打って変わって、今日はチャンスメーカーとしての仕事を果たした安本。放った3本の安打はいずれも走者のいない場面だった。1打席目は良い当たりとは言えない打球だったが、全力疾走で内野安打を記録。2打席目は完璧に捉え、左翼線への二塁打を放ち、3打席目は詰まりながらも左前へと持っていった。「良いところで打てていますし、良いところにも飛んでいる」と振り返る安本の打率は5割を大きく超えており、数字としてその調子の良さも現れている。

開幕初戦ではスターティングメンバーに名を連ねたものの、結果が出ず、前カードの慶大戦ではベンチから外れてしまっていた。しかし、この春季リーグまでに準備したことを信じ、慶大戦後の2週間で「しっかりと自分の状態を固めることができた」と語った安本。その堅実な努力が今カードの活躍に直結したと言っていいだろう。巻き返しを図る法大にとって心強く、頼れる戦力が帰ってきた。

(山崎有馬)

青木久典監督インタビュー

ー今日の試合を振り返って
勝ち点を取れたことに関して素直に良かったなと思います。

ー3カード目にして勝ち点奪取となりました
東大さんには昨年の秋はやられていますから、そういう意味では選手たちは次に向けて1つのステップになれば良いなと思います。

ー空き週にはチームとして寮生活の見直しなど礼儀に関して取り組んだと聞きました
野球で言いますと攻守交代での全力疾走であったりとか、もちろんもっと言ったら最初の整列の挨拶、応援席に対しての挨拶、試合終了後の挨拶、そういうようなものをしっかりそろって機敏にやっていこうということをまず話しました。そこから、一般生活の部分では礼儀節度じゃないですけど、挨拶を含めたものをしっかり見つめ直していかなければいけないんじゃないかと。この東大戦までの2節は接戦のゲームを全部落としているじゃないですか。野球の(技術の)部分も大事ですが、そういった部分だけじゃなくて、まず人としてという部分でちょっとした油断を生んでいる部分があるんじゃないかと思います。練習はしているので、それで勝ち切れないというのはそういう部分なんじゃないかという話を、スタッフと選手の幹部の者としっかり話をして。そこらへんはしっかりやっていこうとなりました。

ープレー面で見直した部分は
チームというよりも個人的に修正をかけるというんでしょうか。特に昨日打ちました中山だったりとか、安本だったりとか、そういう者に関しては技術の部分にもずれがあったのでそこは直しました。

ー両選手ともに今カードは結果が出ています
ちゃんとした形でやれば結果は出るんだなと思ったし、それで本人たちが「こういう練習をすれば」とか「こういう意識でいけば自ずと結果が出るんだ」ということが分かればまた成長してくれるのかなと思うので良かったと思います。特に安本は(これまで)全然結果が出てなかったから。そういう意味では「この東大戦が1つのお前にとったら今後を左右する試合になるよ」という話は本人にもしたくらいなので。そういう切羽詰まったところで結果が出たというのは、良かったと思うし、それが彼の自信になってくれれば良いかなと思いますね。

ー中山選手に至っては昨日サイクル安打を達成しました
試合に入って(集中して)いたので(その時は)全然気づかなかったんですよ。試合終了後のマスコミの方の囲み取材の中で初めて知ったんです。多分本人もみんなも(試合が終わるまで)知らなかったと思います。ただ、やはりこの六大学の歴史の中で、8人目というのはなかなか相手がどこであれできないことだと思うので、これはやはり彼の努力の賜物じゃないですかね。

ーまた、森田(駿哉、営4)選手は3年ぶりの復活登板で5奪三振を挙げました
(気持ちとしては)半分半分ですね。彼にとったら良かったのかなと思います。5奪三振したということもありますけど、神宮のマウンドに帰ってこれたというのもまた彼にとっては良かったと思います。本当にこのリハビリ期間はよく辛抱してよく頑張ったなと。ただ、僕の観点からすると、良かったんだけど、次につながるかというとまだまだなんですよね。厳しい意見なのか分からないですけど、だいぶ点差が離れた状況なのと、ストライクゾーンも広がっていましたから、そういう部分での5奪三振なので、ボールかなという球をストライクにとってるのもあったかなという部分もあったので、競ったところ(ゲーム)にいけるかというとまだまだどうかなと。だから2つの見方があります。

ー東大は今季好調の小林(大雅)選手が両日先発となりましたが、両日大勝を収めました。打撃で対策を練っていたのでしょうか
相手のデータというでしょうか、攻略という点は考えてはきましたけど、それ以上に選手たちがしっかり基本のセンター前というんでしょうか。センター中心への打撃を心がけたのが攻略につながったのかなとは思います。

ー小林選手への対策などは
そんなに細かくはしてません。ただ、左バッターはちょっとしんどいかなと思ったので、1試合目は右バッターを多めに出したというくらいですね。

ー右打者の小池(智也、営1)選手のスタメン起用はそういう意図もあったのですか
彼にはちょっとチャンスを与えようかなと。フレッシュリーグでも結果を出していたので、この場面で、リーグ戦でどうなのかというのを見たかったですし、ここでしっかりチャンスを掴んでほしいなというのもあったので、期待を込めて(スタメン起用を)やったんですけど、もっと練習しないといけないですね。厳しさを知ったんじゃないでしょうか。

ー早大もエースの小島和哉選手など良い投手がいますが、勝つためにどうしていきたい
やはり、今の状況に早稲田さんも黙っているとは思えないですし、良いピッチャーもいますから。しっかりそのピッチャーを攻略できるように、練習の方からしっかりデータを集めながら対策を練って練習していきたいなと思います。

選手インタビュー

向山 基生 主将
ー今日の試合を振り返って

なかなか先制点が取れなくて、引き離すことができなかったのですが冷静に戦えたのでとても良かったと思います。

ー今季初勝ち点を獲得しました
まずは、ほっとした気持ちが正直なところです。でもこの後の早大、明大に勝ってなんぼだと思うので頑張りたいと思います。

ー試合後にはファンの皆さんから拍手が送られていました
2連敗している中でも応援してくださっている方がいてすごく嬉しかったですし、あと2勝して、ファンの皆さんに少しでも喜んでもらえたらと思います。

ーご自身の調子は
複数安打は打てていないのですが、毎回安打は打てているので。普通(コンスタント)が一番良いかなと思います。

ースタメンが毎回変わっていますが
良い選手が多いので、その中で調子の良い選手が出てきています。自分は毎回試合に出させてもらっているので、しっかりと貢献したいと思います。

ー次週の早大戦に向けて
連勝できたのでこの勢いに乗って、早大戦も連勝したいです。

川口 凌 内野手
ー今日の試合を振り返って

勝てて良かったです。

ー今季初の勝ち点を挙げた
嬉しいですけど、(立大戦、慶大戦での)4連敗が悔しかったです。

ー個人としては2安打3打点の活躍を見せた
今まで全然打ててなかったので、今日は良い場面で回してくれたので何とか後ろにつなげられたら良いなと思って打席に立ちました。

ー打率が落ち込んでいた中、意識したことは
後ろにつなぐということは今一番意識してることなので、そういった意味では良かったと思います。

ー来週以降がより大事になるが、チームとして徹底したいことは
私生活の部分であったり、攻守交代の全力疾走であったりを今チームで意識しているところなので、1人でもそういう部分を抜いている選手がいないようにというか、そういう隙も与えないようなチームにしていけたら良いなと思います。

ー早大戦に向けて
勝ち点はもう落とせないので、とにかく勝って春終われるように頑張っていきたいと思います。

中山 翔太 内野手
ーサイクル安打から1日。ご家族や周囲の反応は

ケータイがずっと鳴りっぱなしでした(笑)。家族は、逆に調子に乗らせないように、と反応は普通でした。

ー勝ち点を目指す試合。どのような意気込みで試合に臨んだか
2試合勝ってなんぼなので、しっかりまた気を引き締め合って皆でやっていこうという感じでした。

ー2打席目は走塁で一塁手と交錯する場面がありました
ぶつかったのは太ももだったんですけど、一瞬痛かったですけど別に何ともないです。

ー3打席目はこの回から登板の有坂(望)選手と対戦し三塁打となりました
素直に、来た球に対してバットを出していこうという意識でいました。打った球は真っ直ぐで、変な力が入らなかったのでそれが良かったと思います。走塁も足の痛みは全然ありませんでした。

ーこの東大との2試合で6安打を放ちましたが
まだ(打撃に)粗っぽい部分もあるので、次の試合にしっかり修正していきたいと思います。

ー先発の高田選手の投球をご覧になって
あいつらしくしっかりストライク先行でいっていたので、守りやすかったです。

ー次週は早大戦。意気込みを
まとまっている良いチームなので、しっかり自分たちの野球を心がけていきたいと思います。

安本 竜二 内野手
ー試合を振り返って

中盤までは苦しい展開で、どっちかと言えば東大の方が流れを持っていたと思いますが、先にこっちが得点を重ねて、追加点を取ることができたのが良かったと思います。

ー今日は3安打を放ちました
全てランナーがいない時に出塁をして、それが得点につながったので、そう言った意味ではしっかりチャンスメイクができたので良かったと思います。

ー昨日も4安打4打点の活躍を見せ、カードを通してチームに貢献しました
前の2カードで悔しい思いをしていたので、それを今回の東大戦では晴らすことができたのかなと思います。

ーベンチを外れた試合もありましたが、何か自分で変えたところは
ベンチを外れる前までに4打席ほど立っていて、結果は良くなかったのですが、春に向けてしっかりと準備はしてきていたので、それをしっかりと続けていました。慶応戦が終わってから2週間もありましたし、しっかりと自分の状態を固めることが出来たので、それが結果として現れたのかなと思います。

ーチーム全体の雰囲気は
しっかり2連勝して勝ち点を取れて、でもまだ緩むことなく、次の早稲田戦に向けて皆がもう気持ちがいっているので良い雰囲気だと思います。

ーミーティングではどのような話を
昨日とはまた違った展開で今日の試合をものにできて勝ち点をとれたので、また次の2連戦に向けてしっかり調整しようという話をしました。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
また自分にチャンスはあると思うので、しっかりそこでチームに貢献できるようにやっていきたいと思います。

高田 孝一 投手
ー今日の調子は

ブルペンで投げていても、真っ直ぐだったり変化球も走っていたので調子は良かったと思います。

ー待望の勝ち点がチームにつきました
やっと勝ち点1を取れたので、残り2試合も勝ち点を取れるように頑張っていきたいと思います。

ー今日の試合を振り返って
今まで2試合勝てていなかったので、その中でも低めに変化球も真っ直ぐも集められたので良かったです。

ー前回登板から2週間どんなことに取り組んだか
チームとしても、もう一度一から私生活の面を徹底したり、自分としても身体を休めるのもそうですけど、もう一度ピッチングを見直したりできたので良い時間になったと思います。

ー見つかった課題などは
今までは、捕手のミットだったりコースめがけて投げておけば良いやという感じだったんですけど、そこをしっかり腕を振って投げ切るという面で修正していきました。

ー4回に岡(俊希)選手に本塁打を打たれました
2ボールからだったんですけど、カウントを悪くしたくなくて、(ストライクゾーンに)入れにいってしまった直球だったので、そこはやはり反省点です。

ー打撃では二塁打がありました
自分で打たれた点だったので、何とかバットで取り返そうとは思っていたんですけど、打てるとは思っていなかったので率直に嬉しいです。

ー打った球は
スライダーだったと思います。ちょっと根元ではあったんですけど、上手く飛んでくれたので良かったです。

ー次戦に向けて
まだ、課題も残っているのでこの1週間で課題を潰して頑張っていきたいです。

3打点の活躍を見せた川口凌
川口凌の適時打で本塁に生還した高田
7回から登板した石川
マルチ安打で得点に貢献した中山
犠飛で打点を挙げた中村浩
本塁に生還しハイタッチをする中山
安打は1本に留まるも3打点を挙げた向山
神宮での無失点記録は途絶えたが東大打線をきっちり抑えた朝山