text by Sportiva
山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita
八戸亜希子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
衣装協力/ニューバランス

体と対話するエクササイズ(9)シュートボクシング編

2016年から1年を通してランニングを練習し、昨年の1月にマウイ島でハーフマラソンを完走した馬場ふみかさんが、新たに様々なスポーツや、エクササイズを体験していくシリーズ連載。今回挑戦しているシュートボクシングもいよいよ佳境に。ストレッチから始まり、パンチ、キックの基本姿勢を習ったところで、いざリングへ!

 グラビアなどの撮影も含め、グローブをつけるのは3回目という馬場さん。今回は手を傷めないために、毛糸の手袋をしてからグローブをはめた。「本当はバンテージというこぶしや手首を保護するものを巻くんですが、今日は代用の手袋で」と話すのは、シーザージム所属のシュートボクサー兼トレーナーを務める大桑宏章さん。

 リングでの練習が始まる前に、「ジム内では武道の精神を重んじてトレーニングに取り組んでいただいておりますので、神聖な場であるリングに上がる際は一礼してから上がります」と教えてもらい、一礼してリングイン!

 1ラウンド3分、インターバル1分でタイマーをセットして、まずはミット打ちに挑戦する。

 1発目のジャブを打つと、パンッといい音が響いた。続いてストレート、ワンツーで、もう1回ジャブ、ストレートを打っていき、その場で足踏みをして体勢を元の構えにしっかり戻す。

 馬場さんは「こわーい!すごい音しますね」と、笑いながらもびっくりした様子で、「衝撃も結構あります」とミット打ちの感想を話した。

 大桑さん曰く「しっかりとストレッチや適性テストをやったなかで、馬場さんは問題がなかったので、この衝撃でも大丈夫なんです。体の使い方に問題があると、腰を痛めたりするので、やはり正しい姿勢で行なえることが大事ですね」。

 馬場さんが「へなちょこパンチ」というフックは、何度も打っていくうちに力強い音が響くようになった。

 最初はゆっくりと大桑さんの「ワンツー」、「カット」、「ストレート」の指示通りに進めていく。徐々に「ジャブ」「キックが来た、カット!」「ワンツーワンツー!」「カット」「ストレート」とスピードアップしていくなかでも、馬場さんはまだ余裕の表情。

 インターバルで水分補給をして、次はキックを蹴ってみる。

 ミットめがけて右足を振り抜くと、バシッ!っといい音。スタッフ陣から驚きが混じった「おおー!」という歓声が上がった。

 何度か蹴っていくと、右足のすねの内側から甲のあたりが赤くなってきた。

「赤くなっている位置は蹴り足が当たっている位置として正解です。じゃあ左もいってみましょう!」(大桑さん)

 左足もいい音が鳴ったが、「右と違って痛いです」と言うので確認してみると、右に比べて左はすねの外側で蹴っていたことがわかった。

「ほんとだ!赤い位置が違う。これまで舞台とかでも右足では蹴ったことがあるので慣れていたんですが、左は難しいですね」(馬場さん)

「じゃあ、最後は3分動き続けましょう」(大桑さん)

 そう言って始まったラスト3分は、ジャブから始まると、とにかく止まらずに打って蹴ってガードして……。

 実際よりも長く感じる3分を「きつい!」と言いながらも止まることなく動き続けて、耐え切った。

 トレーニングを終えて、まずは「昨日うつ伏せで寝ちゃって、今日は朝からの撮影だったので、顔がむくんでいたんですけど、すっきりしました」とうれしそうに話してくれた。

 大桑さんが「血の巡りがよくなっているはずですよ」と言うと、馬場さんも「ほんとですね!普段はあんまり汗をかかないんですけど、めっちゃ汗かいてます。この連載で一番汗をかいてるかも(笑)」と爽快だったようだ。

 シュートボクシングを体験した感想を聞くと、「バチンと当たると気持ちいいですね! 特にトレーナーの方の指示通りに打って、蹴ってということに集中するので、余計なことを考えなかったです」と話した。まさに、打つべし、打つべし、真っ白に燃えつきることができただろうか……。

 次回は、暗闇で馬場さんがピョンピョン跳ねる……らしい。一体何に挑戦するのか、乞うご期待。

馬場ふみかさん
1995年6月21日生まれ。新潟県出身。
モデル+グラビアもこなす「モグラ」として注目を集め、女優としても舞台、ドラマと活躍の場を広げている。ファースト写真集となる『色っぽょ』(集英社)は大ヒット。ノンノ専属モデル。今年の7月には映画『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』が公開される。スポルティーバの企画では、マウイ・オーシャンフロント・マラソンでハーフマラソンを完走。
公式Twitterはこちら>>

大桑宏章さん
中学から高校までは柔道を学び、大学は体育学部に進学。その後シーザージムに入会し、シュートボクシングを学び、アマチュア大会で優勝しプロデビュー。シーザージム渋谷のオープンと同時にインストラクターとしてスタッフ勤務。