法政大学 17 - 1 東京大学
勝:菅野 敗:小林
本塁打:法政・中山 1号(7回)

打線が爆発した法政が17対1で快勝。後半戦に向けて好発進となった。

法政は1回、向山(④法政二)の二塁打でチャンスを作ると4番・中山(④履正社)の適時3塁打、福田(③大阪桐蔭)の適時打で2点を先制すると、5回5得点、6回5得点、7回にも中山のサイクルヒットを決める本塁打等で5点を挙げ計17得点と大きくリードを広げる

投げては先発・菅野(④小高工)は7回1失点と力投。3年ぶりに神宮のマウンドに立った森田(④富山商)は2回0失点5奪三振と完璧な内容で試合を締めた。

負けた東大は投手陣が踏ん張れず17失点、野手陣も菅野を攻略できず4安打。7回に意地を見せるも1得点と終わってしまった。

昨秋は負け越した法政が連勝で今季初勝ち点を取るのか、東大が意地を見せるのか次戦も目が離せない。