慶應義塾大学 7 - 1 立教大学
勝:髙橋佑 敗:田中誠
本塁打:慶應・郡司 1号(5回)

雨模様の中行われた首位攻防第3ラウンドは慶應が制した。

打線は1点を追う4回表、満塁のチャンスで瀬戸西(②慶應)が右中間に2点タイムリーを放ち逆転に成功。続く5回には郡司(③仙台育英)の今季第1号ホームランで1点を追加し、6回には柳町(③慶應)のタイムリーなどでこの回までに6対1と大きくリードを広げる。

投げては先発の髙橋亮(③慶應湘南藤沢)が1失点。5回から登板の髙橋佑(③川越東)が無失点でしのぎ最後は石井(③慶應志木)が締めた。

破れた立教は3回に江藤(③東海大菅生)のタイムリーで先制点を挙げるも、先発・田中誠(③大阪桐蔭)が4回につかまり、その後も打線が援護することができなかった。

連勝の慶應は秋春連覇が現実味を帯びてきた。次節明治との対戦が控えている立教は逆転優勝へ正念場を迎えた。