日本ラグビーフットボール協会は、栃ノ心関が、6月23日(土)に行われる「リポビタンD チャレンジカップ2018ラグビー日本代表VSジョージア代表」の特別応援サポーターに就任することを発表した。

5月場所に大関獲りがかかる栃ノ心関は、日本で最も著名なジョージア人であり、同国の名誉観光大使を務めていることから、特別応援サポーターへの就任が決定。2006年以来、12年ぶりに来日するジョージア代表と日本代表との試合を盛り上げる。

特別応援サポーター就任にあたり栃ノ心関は、「母国ジョージアと第二の故郷 日本の対戦を盛り上げるために協力できることをとてもうれしく思っています。ラグビーを通じて、母国ジョージアをより多くの方に知って頂ければ嬉しいです」とコメント。

栃ノ心関は、SNSやラグビー日本代表応援特設ページでの情報発信に協力すると共に、会場などで開催予定のジョージア関連イベント企画にも参加する予定だ。

日本代表VSジョージア代表は、6月23日(土)14:45キックオフ。会場は、愛知県 豊田スタジアム。前売り通常チケット3,000円~、小中1,000~。特別企画チケット「ワインテイスティングシート」15,000円。各税込み。ラグビーチケット販売サイト「TicketRUGBY」などで発売中。

栃ノ心関、ラグビー日本代表VSジョージア代表戦の特別応援サポーターに就任

栃ノ心関、ラグビー日本代表VSジョージア代表戦の特別応援サポーターに就任