リーグ優勝へ、陸の王者がまた一歩前進した。1勝1敗のタイで迎えた立大との3回戦。先制を許すも、4回に満塁から瀬戸西純(政2・慶應義塾)のタイムリーで逆転に成功する。その後も、1回戦では打ちあぐねた相手エースの田中誠を攻略。5回に郡司裕也(環3・仙台育英)の本塁打で追加点を挙げると、代わった投手からも得点を重ねた。投手陣も、途中からマウンドに上がった髙橋佑樹(環3・川越東)が4回を無失点に抑えるなど好投。投打ががっちりと噛み合う勝利で、今季3つ目の勝ち点を手にし、単独首位へと躍り出た。

前日の暑さとは打って変わり少し肌寒い中で、勝ち点をかけた首位攻防戦第3ラウンドは始まった。慶大の先攻でプレーボール。立大の先発マウンドに上がったのは、1回戦で打ち崩すことができなかった田中誠だ。先頭の小原和樹(環3・盛岡三)がいきなりヒットで出塁するも、続く河合大樹(総4・関西学院)の打席でキャッチャーからのけん制に刺されてしまう。河合もヒットで塁に出たものの、後が続かず初回は無得点で終える。

初の3安打を記録した小原

対する慶大の先発は髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)。先頭をファーストゴロで打ち取るも、続く打者に四球で出塁を許す。その後、2死一、三塁のピンチを迎えたが、5番飯迫を変化球で空振り三振に切って取り、先制は免れた。両チームとも無得点で進み迎えた3回裏。先制したのは立大だった。9番笠井を振り逃げで塁に出すと、犠牲バントで二塁へ進塁を許す。二死までこぎつけたが、3番江藤にライト前へ運ばれて先制点を献上した。

先発で試合を作った髙橋亮

1点ビハインドとなった慶大だったが、すぐさま反撃に出る。1死から嶋田翔(環2・樹徳)がセンター前へヒットを放つと、続く内田蓮(総4・三重)と中村健人(環3・中京大中京)も出塁。満塁のチャンスで迎えた瀬戸西が5球目を弾き返すと、打球はセカンドの頭を越え、センター前へ。2人が生還し、一打で逆転に成功した。続く5回は、一発攻勢。2死から郡司が高めに浮いた球を完璧に弾き返し、バックスクリーン横へ飛び込む本塁打で追加点を奪う。前の試合まで防御率0点台だった田中誠を攻略し、点差を広げていく。

勢いを止めない慶大は6回、立大2番手の中川をも飲み込む。中村が相手エラーで出塁すると、犠牲バントとヒットで1死一、三塁とし、小原の内野ゴロの間に1点を追加。続く河合もレフト前ヒットで2死一、二塁とし、迎えるは3番柳町達(商3・慶應)。ど真ん中に入ってきたボールをきれいにセンター方向へ飛ばすと、打球は前進守備の外野を越え、二者が生還した。

立大中川から2点適時打を放った柳町

一方、ピッチャーは5回から髙橋佑がマウンドへ。好調を維持するサウスポーが、ヒットを打たれながらも要所をきっちりと締めるピッチングを見せ、8回までの4回を無失点に抑えた。8回に相手のミスでさらに1点を加え、6点差で迎えた最終回。登板した石井雄也(商3・慶應志木)は先頭にヒットを許したが、後続を危なげなく切って取り、ゲームセット。7-1で慶大が勝利を収めた。

 

相手エース田中誠とのリベンジマッチを、慶大打線が見事に制した。2番手以降の投手からもダメ押しの得点を奪い、終わってみれば15安打。瀬戸西の逆転タイムリーや郡司の本塁打だけでなく、小原、河合、内田が3安打を放つなど、昨年に劣らぬ打線が出来上がりつつあると言えるだろう。投手陣を見ても、昨日、今日と継投で相手に的を絞らせず、チーム防御率も7試合で1・45と安定した数字をマーク。投打共に、順調に仕上がってきている。

4回無失点で2勝目を挙げた髙橋佑

「一丸となって獲れた」(内田)勝ち点だ。「自分たちがしっかり攻め続けるという野球をこの2試合はできた」と河合主将も話すように、結果、内容とも充実したものとなっただろう。敗戦した1回戦でも9回に粘りを見せ、そこから連勝に繋がったことも間違いない。試合を重ねるごとに強まっていくチーム力。そこには個の力を上回るものが秘められている。そして、慶大が自慢とするのもそのチーム力だ。難敵を撃破した陸の王者。勢いそのままに優勝街道を突き進む。

 

(記事:重川航太朗 写真:尾崎崚登)