立教大学 1 - 4 慶應義塾大学
勝:菊地 敗:手塚

首位攻防第2ラウンドは慶應が制し1勝1敗のタイに持ち込んだ。

慶應は1回裏に郡司(③仙台育英)のタイムリーなどで2点を先制。2回には河合(④関西学院)、6回には柳町(③慶應)の一打で加点し効果的に得点を挙げた。

投げては先発の菊地(④慶應志木)が7回途中を投げ1失点の奪三振7と好投。後を受けた2番手・髙橋佑(③川越東)は満塁のピンチを作るもこの回を無失点で乗り切る。そして8回から登板の石井(③慶應志木)が9回も抑えて試合を締めた。

立教は先発・手塚(③福島)が2回で降板し試合を作ることができず。3回から登板の江口(③浦和学院)はリーグ戦初登板ながら無失点の好投。後を受けた投手も踏ん張りをみせるが、打線が6回の1点のみにとどまった。

勝った慶應は良い流れを維持し連勝での勝ち点獲得を狙う。今季初黒星の立教はここで流れを食い止め仕切り直したい。