早大が5対3で東大に勝利。2日連続での接戦を制し、今季初の勝ち点1を獲得した。

2回無失点でリーグ戦初勝利を挙げた早大・徳山

 前日1対0のサヨナラ決着から一夜明けての一戦。早大が2回表に1死2塁から6番・吉澤一翔(2年・大阪桐蔭)のタイムリー2塁打で幸先よく1点を先制するも、東大が直後の2回裏に7番・新堀千隼(3年・麻布)がレフトへ自身通算3号となる今季1号3ランを放り込んで逆転に成功。その後は両チームともに走者を出しながらも、早大・早川久隆(2年・木更津総合)、東大・有坂望(4年・城北)の両先発が粘りの投球を続け、5回を終えて3対1と東大リードで後半戦を迎えた。

 

この試合のハイライト動画はこちら!

 

2回裏、東大・新堀が逆転3ランを放ったが…

 再び試合が動いたのは6回表。早大が2本のヒットから2死2、3塁とすると、前日サヨナラ打を放った田口喜将(3年・早稲田実)が再び代打で登場し、左中間へ同点の2点タイムリー。早大はその後、6回から今西拓弥(2年・広陵)、8回からは徳山壮磨(1年・大阪桐蔭)が登板して無失点に抑えると、土壇場の9回表に3番・福岡高輝(3年・川越東)が2塁打で出塁して4番・加藤雅樹(3年・早稲田実)が内野安打。送球が乱れる間に2塁走者の福岡が一気に生還して勝ち越し成功した。さらに8番・檜村篤史(3年・木更津総合)が「2回のチャンスで空振り三振に倒れていたので今度こそは」と、セカンドの頭を越えるライト前タイムリーを放ってリードを2点に広げた。

9回表、早大が檜村のタイムリーで、加藤がダメ押しのホームイン

 9回裏のマウンドには引き続き1年生の徳山。「特に緊張することはなかった。自分の自信のあるストレートで、1年生らしく向かっていくピッチングを心がけた」と三者連続三振で締めてゲームセット。今春に入学したばかりの徳山がリーグ戦登板3試合目で初勝利。チームも2日連続で苦しみながらも勝ち切って、今季初の勝ち点1を獲得。リーグ後半戦での巻き返しへ向けて、キッカケとなる2試合となった。

■早稲田大vs東京大2回戦
早稲田大 010 002 002=5
東京大  020 000 000=3
【早】早川、今西、〇徳山-岸本
【東】有坂、濵﨑、山下大、●小林-三鍋
本塁打:東京大・新堀《2回3ラン》

◎早稲田大・髙橋広監督
「田口が昨日に続いてよく打った。勝利打点に近いですね。来週は1週あくので、早川を立て直したい。それが法政戦へ向けての最大の課題です。徳山は良く投げましたね。1年生でプレッシャーもあったと思いますけど普段通りのピッチングをしてくれた。カウントが3-2になっても歩かさないというところがピッチャーとして素晴らしい部分ですね」

◎早稲田大・徳山壮磨投手(1年・大阪桐蔭)
「結果的に8回、9回と任されたイニングを抑えられることができたので良かった。先輩方のおかげで勝ち越してもらって、楽に投げられるように2点を取ってもらった。勝利に導くピッチングをできたので良かった。(リーグ戦初勝利に)気持ち的にそんなに変わることはないですけど、次も絶対に勝ち点が取れるようにしっかりと準備したい」

◎早稲田大・加藤雅樹外野手(3年・早稲田実)
「先制したのは良かったんですけど、その後に逆転されて苦しい試合になった。でも最後に勝ち切れたのは今後のチームにとって良かった。(9回の打席は)前の2打席、チャンスで打てなかったので、ここでランナーを還さないと4番じゃないと思った。当たりはよくなかったですけど、ヒットになって良かった」