完投で4勝目を挙げ、捕手会沢と笑顔でタッチする広島・大瀬良=神宮【写真提供:共同通信社】


広島が先発野手全員安打で快勝。広島は初回、鈴木の適時打で幸先良く先制する。その後は2回表にエルドレッドのソロ、8回には菊池の2ランが飛び出すなど、終わってみれば12安打で10得点を挙げた。投げては、先発・大瀬良が1失点完投で今季4勝目。敗れたヤクルトは、投手陣が相手の一発攻勢に沈んだ。