慶應義塾大学 2 - 3 立教大学
勝:田中誠 敗:関根

投打の噛み合った立教が3対2と勝利し、天王山1試合目を制した

立教は1回4番・三井(②大阪桐蔭)の打球が相手のエラーで1点を先制すると、続く2回に江藤(③東海大菅生)のソロホームラン、3回にも江藤の適時打で2点を獲得。

投げての先発・田中誠(③大阪桐蔭)は初回を3者凡退に抑えるとそのまま勢いにのり8回8奪三振無失点とここ一番での強さを見せつける。2番手・川端(①秀岳館)が2失点するも、3番手・中川(②桐光学園)が試合を締めた。

負けた慶應は先発・関根(②城東)が2回で降板。打線も勢いに乗る田中誠を攻略できずわずか3安打。9回に追い上げで2点を獲得するものの、勝ち越すことはできなかった。

昨年の春王者・立教が勝ち点奪取と優勝に向けて一歩前進。連勝が10で止まった慶應は秋春連覇に向け巻き返しが必須だ