福岡県宗像市のグローバルアリーナで開催されている高校生のラグビー国際大会、『サニックス ワールドラグビーユース交流大会2018』(男子15人制)は、5月1日までにプールステージの全試合が終了し、準々決勝に進む8チームが決まった。

 過去18回はすべて海外勢が制してきたこの大会。初優勝を目指す日本勢は4チームがベスト8入りした。
 2016年大会決勝で悔しさをかみしめ、昨年は3位だった地元チームの東福岡は、初日に南アフリカのフレイムズビー ハイスクールを30-26で下すと、報徳学園(兵庫)と尾道(広島)にも連勝し、プールBを1位通過でノックアウトステージに進む。

 その東福岡と準々決勝で対戦するのは、近畿王者の大阪桐蔭。プールCの初戦でフィジーのラトゥ カダヴレヴ スクールに5-41と完敗したものの、エニセイ-STM(ロシア)と東海大学付属相模(神奈川)を破り、2位通過で優勝争いに残った。

 今春、その大阪桐蔭を倒し全国高校選抜大会連覇を遂げた桐蔭学園(神奈川)は、プールDの初戦でオーストラリアのセント オーガスティンズ カレッジに敗れたが、2日目にイングランドのエクセター カレッジを28-14で下して8強入りに望みをつなぎ、最終戦では秋田工業に53-12で勝って総勝点9とした。そして、2日目終了時点で桐蔭学園より総勝点が1ポイント多かったエクセターが最終戦でオーストラリアのチームに逆転負けしたため、桐蔭学園のベスト8入りが決まった。
 桐蔭学園は5月2日におこなわれる準々決勝で、プールAを全勝1位で通過したニュージーランドのヘイスティングス ボーイズ ハイスクールと対戦する。

 そして、8強入りした日本勢もう1チームは、長崎北陽台。プールAの2戦目でニュージーランドチームに26-33と惜敗したが、昨年度の国内チャンピオンである東海大学付属大阪仰星との1勝1敗同士対決を28-21で制し、ベスト8入りを決めた。
 長崎北陽台は準々決勝で、プールD1位のオーストラリアチームに挑む。

 準々決勝もう1試合は、プールCで圧倒的強さを見せたフィジーチームとプールB2位通過の南アチームが激突する。

 東海大大阪仰星、報徳学園、尾道、東海大相模、秋田工業は、ジエングオ ハイスクール(台湾)、エニセイ-STM(ロシア)、エクセター カレッジ(イングランド)とともに、9位~16位決定トーナメントに臨む。