第一週で勝ち点を獲得し波に乗る慶大は、2季連続で勝ち点を奪われている法大との対戦を迎えた。試合は、3回に先発・高橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が掴まり、3点を先制されてしまうが、5回に主将の河合大樹(総4・関西学院)、郡司裕也(環3・仙台育英)、嶋田翔(環2・樹徳)の適時打で一挙5点を獲得し逆転に成功。7回には嶋田の今季初ホームランも飛び出し、6-3で勝利。まずは慶大が3季ぶりの勝ち点獲得に向け、白星スタートを切った。

ゴールデンウィーク初日ということもあり、神宮球場には炎天下に負けない熱い試合を観るために多くの観客が駆けつけた。先攻の慶大は、初回に2死から柳町達(商3・慶應)、郡司の連続安打で一、三塁のチャンス、2回にも一、二塁のチャンスを作るも、後続が続かず無得点。一方、先発を任された高橋亮は1回2回と得点圏に走者を出すも、後続を断ち切り無失点に抑える。序盤は、両校ともあと一本が出ない展開が続いた。試合が動いたのは3回。粘投を続けていた高橋亮は、1死一、三塁のピンチを作ると、2本の適時打を浴び3点を先制されてしまう。まずは得点を返したい慶大打線だったが、良い当たりが守備の正面をつく不運もあり三者凡退に終わる。

今季初勝利を挙げた髙橋佑

4回からマウンドに上がったのは、髙橋佑樹(環3・川越東)。2死から長打を打たれピンチも招くも、郡司の三盗を防ぐ好プレイに助けられ無失点に抑えた。ここまで好機を逃がしていた打線だったが、5回ついに法大先発の菅野を捕まえる。先頭打者・瀬戸西純(政2・慶應)の四球から無死満塁のチャンスを作ると、主将・河合がセンター前へ適時打を放つ。法大センターのエラーも重なり、2点を返すことに成功した。続く柳町は空振り三振に倒れたが、なおも1死一、三塁。郡司のレフト線への二塁打で逆転に成功すると、嶋田も右中間への二塁打で続き、この回一挙5得点を挙げた。

逆転に成功した慶大は、引き続き髙橋佑がマウンドに上がった。走者を出すものの、要所を締める投球で5回6回を「0」に抑え、法大に反撃の機会を与えない。すると7回、好調の嶋田が、この回から登板した三浦の甘く入ったストレートを完璧に捉え、打球は一直線にレフトスタンドへ。自身初の神宮球場でのホームランで、さらに1点を追加した。その裏からは、今季から抑えを任されている石井雄也(商3・慶應志木)がマウンドへ。「一球も気を抜かずに丁寧に投げるという意識」(石井)で残り3回、法大に三塁を踏ませない完璧な投球を見せ試合を締めくくった。4回以降、高橋佑、石井の完封リレーで無失点に抑えた慶大が6-3で勝利。勝ち点獲得へ向け、一歩前進した。

序盤に3点を先制され、苦しい展開を強いられたこの日の試合だったが、ドラフト候補の投手から1イニングで5得点を挙げる打線の爆発力と、先発投手が崩れても試合を作り直すことができる投手陣の盤石さを一気に見せつける結果となった。打線は、昨季の先発野手のうち5人が引退し開幕前は不安視されていたが、3試合で8打点を挙げている嶋田を中心に、昨季の打線に劣らない新戦力が台頭してきた。昨年は苦手としていた法大から勝ち点を奪えれば、歓喜の瞬間はグッと近づくだろう。大久保監督の言葉を借りると、「勝ち点を取るまでが六大学野球」。明日も気を引き締めて粘り強く勝利を目指して欲しい。

ガッツポーズを見せる郡司

(記事:内田貴啓、写真:尾崎崚登)