慶應義塾大学 6 - 3 法政大学
勝:髙橋亮 敗:菅野
本塁打:慶應・嶋田 1号(7回)

リードを許すも中盤以降投打が噛み合った慶應が負けなしの3連勝。

3点を追う打線は5回表、河合(④関西学院)、郡司(③仙台育英)、嶋田(②樹徳)のタイムリーを含む打者一巡の猛攻で5点を挙げ一気に逆転。

先発・高橋亮(③慶應湘南藤沢)は3回につかまり交代するものの、4回から登板の高橋佑(③川越東)、7回からは石井(③慶應志木)が無失点リレーでしのぎ勝利に大きく貢献した。

破れた法政は3回に吉岡(④智辯学園)、相馬(③健大高崎)のタイムリーで3点を先制するも、全試合で登板中の先発・菅野(④小高工)が5回に相手打線につかまった。石川(②横浜)、三浦(③福岡大大濠)が踏ん張りを見せたが、打線が好投に応えることが出来なかった

首位・立教を追う慶應は勝ち点奪取へ前進。未だ勝利のない法政は明日勝利できっかけを掴み首位戦線に生き残りたい。