プロランナーへの転向を表明した川内優輝が、8月26日(日)に開催される「第36回ニューカレドニア・モービル国際マラソン」に招待選手として出場する。

4月16日(月)に開催されたボストン・マラソンで、日本人として31年ぶりとなる優勝を果たした川内は、10年前にハーフマラソンで優勝した「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」にフルマラソンで出場。大会新記録を狙う。

同大会には、川内の弟で数々の国際大会で優勝経験のある川内鴻輝も出場。2人は、レース前日の説明会で行われるトークショーにも出演する。トークショーには、ツアー、個人エントリーの日本人出場者が参加可能だ。

川内は、同大会について「ニューカレドニアは、私の初めての海外マラソンでした。日本国内のマラソンにしか興味も関心もなかった私にとって、ニューカレドニア国際マラソンは本当にカルチャーショックでした。「こんなに楽しい雰囲気のマラソンがあるのか」と。以降、数々の海外マラソンで経験を重ね、そうした沢山の海外マラソン経験が先日のボストンマラソン優勝に結びついたと思っています」とコメントしている。

大会へのエントリーは、現在受付中。申込みは公式サイトから行う。

川内優輝、8月に「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」出場…前日にはトークショー

川内優輝、8月に「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」出場…前日にはトークショー

川内優輝、8月に「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」出場…前日にはトークショー

川内優輝、8月に「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」出場…前日にはトークショー