大敗が続く中迎えた明大2回戦も苦戦を強いられた。先発投手の小林(3年/横浜翠嵐)は5回まで明治打線を寄せ付けない好投を見せたが、6回に先制本塁打を浴びると、7回には走者を残して降板するとリリーフが打ち込まれた。打線も辻居(3年/栄光学園)が2試合連続のマルチ安打と好調をキープしたが繋がりに欠き、好投の小林を援護できず完封負けを喫した。空き週を挟み迎える第3カード早稲田大学戦までに立て直しを図る。