強い日差しの中で行われた立大対法大の2回戦は、両者一歩も譲らない激しい攻防戦が繰り広げられた末、5対5のまま9回引き分け決着となった。

 立大・手塚周(3年・福島)、法大・高田孝一(2年・平塚学園)の本格派右腕同士の投げ合いで始まった一戦。口火を切ったのは、立大の4番の三井健右(2年・大阪桐蔭)だった。2回表、フルカウントからのスライダーを捉えて右中間へ。「弾道が低かったんでフェンスに当たるかなと思ったんですけど」と言いながらも、「感触は良かった」と打球はそのままフェンスを越え、自身3試合連続となる本塁打。立大が1点を先制した。

2回表、立大の4番・三井が3試合連続本塁打を放つ

 試合はそこから激しく動く。3回裏、立大の守備が乱れて法大が1対1の同点に追い付くも、4回表に立大が飯迫恵士(4年・神戸国際附)のタイムリーで勝ち越しに成功。その裏、法大打線が先発の手塚を攻め、さらに代わった立大2番手・中川颯(2年・桐光学園)から中村浩人(4年・多良木)が走者一掃となる逆転のタイムリー3塁打で2点のリードを奪ったが、それも束の間、5回表に立大が、吉田純也(3年・中央中等教育)、笠井皓介(3年・桐蔭学園)の2本のソロアーチですぐさま同点に追い付いた。
 さらに7回裏、法大が向山基生(4年・法政二)のソロ本塁打で再び勝ち越したが、直後の8回表に立大が、代打・荒井智也(2年・佼成学園)の2塁打から1死3塁として、寺山寛人(4年・神戸国際大附)が前進守備の1、2塁間を破る同点タイムリー。その後、立大の3番手・川端健斗(1年・秀岳館)が8回裏無死1、3塁の大ピンチを無失点で凌ぐと、法大は4番手として9回に前日先発したエース・菅野秀哉(4年・小高工)がマウンドに立って3人でピシャリ。両チーム8安打ずつ。立大の1勝1分けで3回戦を迎えることになった。

デビュー戦となった法大・高田は5回途中4失点で降板

■立教大vs法政大2回戦
立教大 010 120 010=5
法政大 001 300 100=5
【立】手塚、中川、川端健-藤野
【法】高田、石川、浅山、菅野-中村浩
本塁打:立教大・三井《2回ソロ》、吉田《5回ソロ》、笠井《5回ソロ》
法政大・向山《7回ソロ》

◎法政大・青木久典監督
「(引き分けは)いいんじゃないですか?明日またできるので。(先発の高田は)最低限5回は行って欲しかった。オープン戦の出来からすると、もう一つだった。ちょっとヘバッてましたね。リーグ戦初登板ということもありましたし、この(高い)気温で予定よりも早く変えなくちゃ行けなかった。9回は菅野を投げさせるつもりでした」

◎立教大・三井健右外野手(2年・大阪桐蔭)
「(先制ソロは)スライダーに対応できた。(3試合連続本塁打については)特に意識はしてない。ゲームに勝てなかった方が大きい。明日、もし(本塁打を)打てなくても、シングルヒットでもエラーでもいいので、チームを勝たせられるようなバッティングをしたい。結構揺さぶりをかけて警戒されてきた感じはしますけど、自分の間合いさえ取れれば。自分も待ち球を確実に仕留めることができれば大きく崩れることはないと思います。自信は付きましたけど、もう1回、地に足を付けて、チームに貢献するにはどうすればいいかを考えていきたい」