立教大学 5 - 5 法政大学
本塁打:立教・三井 3号(2回)吉田 1号(5回)笠井 1号(5回)/法政・向山 1号 (7回)

4本のホームランが飛び交うシーソーゲームに決着がつかず引き分けに終わった

立教は絶好調の4番・三井(②大阪桐蔭)の3試合連続ホームランで先制。同点に追いつかれた4回には飯迫(④神戸国際大付)の適時打で逆転に成功する。2点ビハインドで迎えた5回では吉田(③中央中等教育)笠井(③桐蔭学園)が揃って初本塁打を放ち、8回には飯迫の適時打で同点に追いついた。

対する法政は1点を追う3回、高田(②平塚学園)の安打の間に1点を返し4回には中村(④多良木)が満塁から走者一掃の3点タイムリーで逆転に成功。7回には向山が勝ち越しソロを放ったが、8回に同点を許した。

投げては法政・菅野が9回に4番手として登板し勝ち越しを許さず。8回途中から登板の川端健(①秀岳館)が9回裏に三者連続三振を奪い引き分けへの執念を見せた。

昨秋も4試合を行うなどもつれたこのカード。勝ち点はどちらにつくのか次戦以降も目が離せない。