東京大学 2 - 9 明治大学
勝:森下暢 敗:宮本
本塁打:東大・辻居 1号(1回)

効果的に得点を積み重ねた明治が春季初戦を制した。

先制を許した打線は初回、逢澤(④関西)が犠牲フライを放ちすぐさま同点に追いつくと、森下暢(③大分商)のタイムリーで勝ち越し。3回に再度逆転を許すも、その裏に平塚(③春日部共栄)氷見(④豊川)森下の3連続タイムリーで一挙5点を挙げ試合の流れを大きく引き寄せ、5回には吉田(④履正社)の2点タイムリーで勝負を決めた。

投げては先発・森下暢が6回2失点と試合を作り、竹田(①履正社)磯村(①中京大中京)の1年生コンビがそれぞれ1回を三者凡退に抑える神宮デビューを飾った。

破れた東大は辻居(③ 栄光学園)が先頭打者ホームランで先制し 、3回に三鍋(④川和)のタイムリーで同点に追いつく粘りを見せたが、先発・宮本(③土浦一)が3回に5失点と崩れて大きくリードを許した。

新エースの投打にわたる活躍で明治は勝ち点にあと一勝。東大は序盤の粘りを次戦でも発揮し勝利に繋げたい。