ラグビーの日本最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019」は、8月31日~12月15日の日程で開催されることが決まった。来年はワールドカップイヤーで、スーパーラグビーに参戦するサンウルブズの準備期間確保も必要となるためトップリーグ試合数の減少が心配されたが、新たな公式戦としてカップ戦が設けられ、こちらは11月10日~1月19日の日程でおこなわれる。

 昇格したHonda HEATと日野レッドドルフィンズを加えて16チームが参加。
「ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019」は、2つのカンファレンスに分かれ、各カンファレンス1回戦総当たりのリーグ戦を10月20日までおこない、11月のウインドウマンス(インターナショナルマッチ期間)後、12月1日からカンファレンス順位に応じた総合順位決定トーナメントを実施し、最終順位を決定する。各カンファレンスの上位4チームが1~8位決定トーナメントへ、各下位4チームは9~16位決定トーナメントに進むこととなる(1~8位トーナメントの勝者を優勝とする)。

 自動降格はなく、13~16位になったチームはトップチャレンジリーグの1~4位チームと入替戦をおこなう。

 各カンファレンスは昨シーズンの順位をもとに組み分けられた。

【レッドカンファレンス】
サントリーサンゴリアス(昨季1位)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ(4位)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(5位)
NEC グリーンロケッツ(8位)
NTT コミュニケーションズシャイニングアークス(9位)
豊田自動織機シャトルズ(12位)
宗像サニックスブルース(13位)
日野レッドドルフィンズ(トップチャレンジリーグ2位/入替戦勝利)

【ホワイトカンファレンス】
パナソニック ワイルドナイツ(2位)
ヤマハ発動機ジュビロ(3位)
東芝ブレイブルーパス(6位)
リコーブラックラムズ(7位)
キヤノンイーグルス(10位)
クボタスピアーズ(11位)
コカ・コーラレッドスパークス(14位)
Honda HEAT(トップチャレンジリーグ1位)

 今シーズンは、7月末に完成を予定している岩手県の鵜住居復興スタジアム(仮称)でのトップリーグ初開催をはじめ、ラグビーワールドカップ2019日本大会開催都市など全国にて開催される。

 そして、新設のカップ戦は、日本代表選手などが所属チームを離れるウインドウマンス期間中(11月10日~11月25日)に、16チームを4チームずつ4組に分けてプール戦を実施し、「トップリーグ 2018-2019」の最終順位決定戦後となる1月(13日、19日)に、トーナメントがおこなわれる。
 2月にはスーパーラグビー2019が始まる予定で、サンウルブズなどに選出されたプレーヤーは休養とスーパーラグビーの準備が必要となるため、カップ戦には参加しない可能性も考えられる。

<カップ戦 プール>

【プールA】
サントリーサンゴリアス(昨季1位)
リコーブラックラムズ(7位)
NTT コミュニケーションズシャイニングアークス(9位)
Honda HEAT(トップチャレンジリーグ1位)

【プールB】
パナソニック ワイルドナイツ(2位)
NEC グリーンロケッツ(8位)
キヤノンイーグルス(10位)
日野レッドドルフィンズ(トップチャレンジリーグ2位)

【プールC】
ヤマハ発動機ジュビロ(3位)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(5位)
クボタスピアーズ(11位)
宗像サニックスブルース(13位)

【プールD】
トヨタ自動車ヴェルブリッツ(4位)
東芝ブレイブルーパス(6位)
豊田自動織機シャトルズ(12位)
コカ・コーラレッドスパークス(14位)