スーパーラグビーの昨季王者で、連覇へ向けて3連勝中(現在 5勝2敗)と調子を上げてきたニュージーランドの強豪クルセイダーズが、今週末に地元クライストチャーチ(AMIスタジアム)で日本チームのサンウルブズを迎え撃つ。

 主将のLOサム・ホワイトロックは休養で欠場となり、昨年末に椎間板ヘルニアの手術を受けたNO8キアラン・リード(ニュージーランド代表“オールブラックス”主将)はまだ完治しておらずサンウルブズ戦には間に合わなかったが、オールブラックスのスター選手でもあるPRオーウェン・フランクス(95キャップ)とユーティリティBKのイズラエル・ダグ(66キャップ)がチームに戻ってきた。
 フランクスは昨年9月にアキレス腱を手術し、ダグはひざを痛めて長期離脱していたが、フランクスは3番を着て戦列復帰となり、ダグは右WTBでキックオフから暴れる。
 テストキャップ保持者でほかに先発するのは、LOスコット・バレット、ゲームキャプテンを務めるFLマット・トッド、副将のCTBライアン・クロッティ。

 10番を着るのは、かつてパナソニック ワイルドナイツでプレーしたマイク・デラニー。アウトサイドCTBで先発するのは、元コカ・コーラレッドスパークスのティム・ベイトマン。

 オールブラックスの主将だったトッド・ブラッカダーの息子、イーサン・ブラッカダーは6番をつけてスーパーラグビーデビューとなる。
 23歳のFBジョージ・ブリッジは今季すでに7トライを挙げており、警戒すべき選手のひとり。フィジー出身のWTBマナサ・マタエレも危険なランナーだ。

1.Tim Perry  2.Ben Funnell  3.Owen Franks  4.Scott Barrett  5.Quinten Strange  6.Ethan Blackadder  7.Matt Todd  8.Tom Sanders  9.Mitchell Drummond  10.Mike Delany  11.Manasa Mataele  12.Ryan Crotty  13.Tim Bateman  14.Israel Dagg  15.George Bridge

〔リザーブ〕
16.Andrew Makalio  17.Wyatt Crockett  18.Chris King  19.Luke Romano  20.Pete Samu  21.Jack Stratton  22.Mitchell Hunt  23.Seta Tamanivalu