早稲田大学 2-4 立教大学
勝:川端 敗:早川
本塁打:立教・藤野1号(4回)、三井(6回)

新戦力が躍動した立教が連勝、勝ち点獲得一番乗りを決めた。

1回、飯迫(④神戸国際大付)と藤野(③川越東)の連打で2点を先制すると、同点とされた4回には藤野が2打席連続打点となる本塁打で再度リードを奪うと、4回には4番・三井(②大阪桐蔭)の一発でリードを広げた。

投げては手塚(③福島)が3回2失点と振るわなかかったものの、2番手・川端(①秀岳館)が初登板ながらも4回からイニングスを無失点に抑える好投を見せ、続く中川(②桐光学園)も2回を無失点に抑え、川端は初登板初勝利を飾った。

敗れた早稲田は吉澤(②大阪桐蔭)のタイムリーで一時同点に追いつくも、先発・早川(③木更津総合)が6回9奪三振の力投もむなしく2本塁打を浴びるなど踏ん張ることができなかった。

投打がかみ合った好スタートを切った立教。一方の早稲田は明治と対戦する次カードで勝ち点を取り上位戦線に生き残りたい。