昨年成績を残しブレイクした大橋悠依は、今季も好調を維持している

 日本選手権水泳競技大会4日目、4月6日の女子200m個人メドレー決勝で、大橋悠依(イトマン東進)が王者らしい泳ぎを見せた。

「自分が一番落ち着いて泳げる展開は、前半から前に出ることだと思うので、それだけしか考えていなかったです」

 こう振り返る大橋は、銀メダルを獲得した昨年の世界選手権と同じように最初のバタフライを27秒台(27秒79)で入ると、次の背泳ぎが終わった時点でトップに立っていた。

 平泳ぎでは、2016年リオデジャネイロ五輪出場の寺村美穂(セントラルスポーツ)に0秒07差まで詰められたが、「寺村選手はブレスト(平泳ぎ)の速い選手だし、50mのスピードもあるので差を詰められることはわかっていた。150mで並ばれても慌てずにいこうとレース前から考えていた」。自由形に入ると落ち着いた泳ぎで差を広げ、自己セカンドベストとなる2分08秒92で優勝。2位になった寺村には1秒29差をつける圧勝だった。

 昨年とは違い、世界選手権銀メダリスト肩書きを背負って臨んだレースだった。

「泳ぐ前はすごく緊張していて、自分でも『何でこんなに緊張するんだろう』と思うくらいでした。でもとにかく自分のできることをして、どんな展開になっても慌てずにいこうと思っていました」

 その緊張のなかでも結果は残したものの、タイム的には後悔の残るレースとなった。

「派遣標準Ⅰ(2分08秒94/1国2名8位相当)にはギリギリだったので。できれば2分08秒6~7くらいまでいけたらよかったけど、昨日3レース泳いだ疲れもあると思う。200m自由形で自己ベストを出したので、ちょっと筋肉痛っぽい疲れもあって、それが後半に響いたのかなと思います」

 今年からは、世界の個人メドレーのトップ選手と同じように多種目挑戦を意識し、1月に開催された”東京KOSUKE KITAJIMA CUP 2018”では個人メドレー2種目のほか、100m自由形と200m背泳ぎに出場した。そこで思ったような結果が出せなかったこともあり、2月の”コナミオープン”では個人メドレー2種目に絞っていたが、今回の日本選手権では200m自由形にも出場した。

 5日には200m個人メドレーの予選と準決勝を泳いだあとに、200m自由形決勝を自己ベストの1分57秒97で泳ぎ、五十嵐千尋(T&G)に次ぐ2位で800mリレー代表内定を果たした。「1分57秒台を見据えて練習をしてきた。57秒を狙って出せたのは大きいと思う」と納得の表情だった。

 その200m自由形挑戦を、大橋はこう説明する。

「自分の殻を破りたいというか、東京五輪へ向けて泳げる種目を増やしておきたいと思ったんです。あとは最後の50mの粘りが個人メドレーにも効いてくるかなと思いましたが、それを今日もすごく感じました。けっこう150mで並ばれる展開が多いので、そこで『競ったら自分は絶対に負けないぞ!』という自信になるのかなと」

 また、得意とする個人メドレーについても今後のビジョンを語った。

「200m個人メドレーに関しても、世界だけではなく日本のレベルもこれからどんどん上がってくると思うし、自分が出した日本記録を簡単には破られたくないので、これからも自分がどんどん記録更新を狙っていかなければいけない。世界で勝つためにもやらなければいけないことはいっぱいあるので、もっともっと、いろいろ考えながらやっていかなければいけないと思います」

 平井伯昌コーチは200m個人メドレーのあと、大橋の泳ぎをこう分析した。

「大会前から自己記録を更新したいと話していましたが、2分09秒96(2017年日本選手権)の次に2分07秒91(2017年世界選手権)で泳いでしまっていたから、2分08秒台では泳いでいないんです。だから、今回の2分08秒台で泳いだことは意味があるし、去年の4月の時点より前に進んでいるなと思う。100点ではないかもしれないけど、本当にがんばったうれしい結果だと思う。今回の日本選手権は6日間開催で例年より長いので、しっかり集中して、400mでは自己記録を更新してもらいたいなと思います」

 1日空けて、大会最終日の8日には400m個人メドレーの予選と決勝が残っているが、夏に行なわれるパンパシフィック選手権とアジア大会へ向けてはこう意気込む。

「一番意識するのは、カナダのシドニー・ピックレム選手です。世界選手権の個人メドレー200mで彼女は失格だったので私が勝っているけど、400mでは1秒半以上の差をつけられるボロ負けだったので。それに、200mで3位になっていたマディシン・コックス選手(アメリカ)やキム・セヨン選手(韓国)もいるので、そのあたりの選手に自分もタイムを出しているぞというのをアピールしていきたいです」

 個人メドレー200m、400mともに圧倒的な強さを持つカティンカ・ホッスー(ハンガリー)もいるが、今季はヨーロッパ勢と戦うチャンスはない。

 今年は大橋にとって、東京五輪に向けて足元を固めるシーズンでもある。まずは、パンパシとアジア大会2種目制覇が今季最大の目標であり、その準備が整いつつある。

◆超人スイマーか? 「泳ぐたびに新記録」の池江璃花子が世界に急接近!

◆水泳界にバタフライロボット出現。19歳の幌村尚がメダリストを撃破