スーパーラグビーでオーストラリア・カンファレンス2位のワラターズが4月5日に来日し、今週土曜日に東京・秩父宮ラグビー場で開催されるサンウルブズ戦の試合登録メンバーを発表した。

 昨年のオーストラリア最優秀選手であるBKイズラエル・フォラウは先週のブランビーズ戦で太もも裏を痛め離脱となり、来日できなかったが、スターターにオーストラリア代表キャップ保持者が9人並ぶ。
 攻守にハードワークする大黒柱のFLマイケル・フーパーは先発。やや苦戦気味のスクラムではPRのトム・ロバートソンと代表91キャップのセコペ・ケプがけん引し、ラインアウトでは82キャップLOのロブ・シモンズと伸び盛りの22歳ネド・ハニガンが安定している。
 バックスでは、経験豊富なSOバーナード・フォーリー副将とCTBカートリー・ビールがアタックの柱となり、昨年オーストラリア代表デビューを果たした元ラグビーリーグ(13人制)スターのカーティス・ロナはアウトサイドCTBで先発。前節の週間ベストフィフティーンに選出された大型WTBのタンゲレ・ナイヤラヴォロは11番をつけて出場する。

 そのほか、ビッグネームではないが、元セブンズ代表のマイケル・ウェルズはチーム屈指のハードタックラーであり、この試合ではNO8でスタート。6番には、ブレイクダウンのファイトに強いウィル・ミラーが入った。

1.Tom Robertson  2.Damien Fitzpatrick  3.Sekope Kepu  4.Ned Hanigan  5.Rob Simmons  6.Will Miller  7.Michael Hooper  8.Michael Wells  9.Jake Gordon  10.Bernard Foley  11.Taqele Naiyaravoro  12.Kurtley Beale  13.Curtis Rona  14.Alex Newsome  15.Bryce Hegarty

〔リザーブ〕
16.Hugh Roach  17.Harry Johnson-Holmes  18.Paddy Ryan  19.Tom Staniforth  20.Jed Holloway  21.Mitchell Short  22.Lalakai Foketi  23.Cameron Clark