3月23日、東京・秩父宮ラグビー場。国際リーグであるスーパーラグビーの第6節を翌日に控え、サンウルブズの田村優は試合当日までの準備内容を聞かれる。即答する。

「自分がいい準備をすることだけです。僕が、やる(だけ)」

 ひとりでプレーするという意味では、決して、ない。同学年で29歳のリーチ マイケルいわく、「田村がチームを引っ張ってくれています。さっきも、どう(試合中に)チームを落ち着かせるかという話をしました」。事実、3月20日にチーム練習へ合流してからは、戦術確認などの際に積極的に意見を出していた。

 司令塔のSOとしての仕事には、首脳陣の示すゲームプランの理解と味方との連係も含まれる。長らくサンウルブズや日本代表のSOを張る田村の「僕が、やる」との言葉も、チームと歩調を合わせて勝利をつかむ意志の表れなのだ。

 広い視野と鋭いパスやキックを持ち味とする本人は、こうも続ける。

「そこ(局面ごとのすべきプレーの共有など)がいままででのサンウルブズに足りなかったことだと、ジェイミー(・ジョセフ ヘッドコーチ)に言われたから。僕は、皆がいいプレーをしないと、僕もいいプレーができない。皆にいいプレーをしてもらわないといけないので、(必要なことを)言います。僕は身体能力的に優れてはいないので、皆にサポートしてもらわないといけない。皆にいい状況を作ってもらって、最後に僕がいいプレーをする」

 球が動く間に自分の前後に立つ味方へ首尾よく指示する。最前列のランナーが防御をこじ開ける間に、次の攻撃方向を指定する。後ろで待機する仲間が迷いなく攻め上がったのを見計らい、再び周囲と連係を図る。その延長線上で、一撃必殺のパスやランでトライを狙う…。「皆にいい状況を作ってもらって、最後に僕がいいプレーをする」の一例は、こういった流れを指していよう。

 昨年度に負った足の怪我のため、開幕前のキャンプ時から別メニューで調整した。3月の南アフリカ遠征にも帯同せず、日本代表予備軍が集まるナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)で復調を目指した。24日にあるチーフスとの第6節は、田村にとってカムバックの80分となる。

 今季のサンウルブズの印象を問われ、「よくなっているとは思いますが勝てていないので、フラストレーションはたまっていると思います」と田村。待望の初白星への後押しを託されるなか、簡潔かつ繊細な談話を残している。

「僕は久しぶりなので、ミスなく安定感を出してやっていけたら。12週間ぐらいリハビリをしていて、足は、よくなっています。怪我から復帰して(スーパーラグビーのような大舞台での)試合をするのは初めてなので不安はありますけど、それも試合が始まれば解消されると思っています」

 当日も秩父宮でぶつかるニュージーランドのチーフスは、過去2回の優勝を誇る強豪だ。前年度は敵地で20-27と互角に戦ったこの相手を「いいチーム」と見る田村は、ゴールキックも蹴る。僅差勝負の折は、勝負のゆくえを左右する。

「たぶん、全部入ります」

 キッカーとしてのパーフェクト宣言をぶち上げた直後、「あ、全部入ると言いましたけど、1本くらいは外します」と、周りを笑わせた。

「今週は、いい準備を、僕は、しました。的も絞らせず、相手の嫌がることをどんどんしていきたいです」

 とにかく「僕が、やる」。大好きな海より深い意味のシンプルな言葉を、その身体と頭で表現する。
(文:向 風見也)