右の前腕には、黒いテーピングをぐる、ぐると巻いてある。

 それでもヘル ウヴェは、高揚感を隠さない。

 約22週間ぶりの実戦復帰を前に、「…嬉しい!」と言い切る。ちなみにヘルは、トップリーグの2016年度シーズン中に日本国籍を取得。拓殖大卒業後に加わったヤマハでは通算4季プレーしていて、日本語での会話にも不自由しない。

 国際リーグのスーパーラグビーに日本から参戦3季目のサンウルブズは、3月24日、東京・秩父宮ラグビー場で5戦目にあたる第6節でシーズン初白星を目指す。加入2年目のヘルは、ぶつかり合いが多いLOとして今季初先発する。

 相手はニュージーランドのチーフスだ。過去2回の優勝経験を誇る強豪との一戦へ、ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチは「ウヴェみたいなフィジカルな選手が必要」。トンガにルーツを持つ身長193センチ、体重115キロのパワフルランナーに白羽の矢を立てる。

「怪我が、まだ治っていません。骨がまだコネクトしていなくて」

 さかのぼって今月6日、都内の辰巳の森ラグビー練習場でのことだ。

 日本代表の予備軍が集まるナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)の合宿中、トレーニングを終えたヘルは、自らのコンディションについてこう話していた。サンウルブズ本隊が南アフリカに遠征するかたわら、NDSで課題のスタミナ向上に着手していた。

 やむを得なかった。日本代表として出た昨年11月4日のオーストラリア代表戦(神奈川・日産スタジアム/●30-63)で、右腕の前腕を骨折していた。2月初旬の福岡・北九州での事前合宿ではタフな練習にも元気に参加していたが、実際は万全ではなかったようだ。検査の末、間もなく戦線離脱。「コネクトしていなくて…」と発言した際は、本格的な実戦練習も自重していた。

 それでも、チーフス戦での復帰を虎視眈々と狙っていた。

「今週末、(患部を)もう一度チェックします。ここでもしよければ、チーフス戦へ…」

 同じLOでは、南アフリカで活躍したグラント・ハッティングが今週のセッションへ加わらず、サム・ワイクスも2月下旬の怪我で別メニュー調整を余儀なくされている。ヘルがチャンスをつかんだのは、チームがやや危機的状況にあったからでもある。

 もちろん当の本人は、怪我人の復帰後もジャージィを守り抜きたいという。キックを蹴った先で圧力をかけるというチーム方針を把握しつつ、持ち味の突進力を披露しにかかる。

 やっと、試合に出られる。その喜びで、自然と表情を崩す。

「LOにはいい選手がいます。まだ試合に出ていないLOは真壁(伸弥・故障離脱中)と僕だけ。ただ今週は、僕がチャンスをもらいました。今週のテーマは、プレッシャー。敵にボールをあげて、そのままプレッシャーをかける」

 チーフス戦のメンバー中、ツアーに参加していない選手はヘルを含めて6名。その他にも初先発がいるとあって、選手間の連携度合いがいつも以上に注目されそうだ。もっともヘルは「(次戦出場組には)日本代表でも同じメンバーがいて、皆、知っている(仲)」。流ちょうな日本語で、「大丈夫」と言う。

「新しいコンビじゃないから、大丈夫。自信がある!」

 心配があるとすれば、「ゲームフィットネス」か。確かにNDSでも走りまくってきた。しかし、高強度の衝突を重ねながら縦横無尽に走るという真剣勝負用の体力がどこまで戻っているか。そればかりは、試合が始まるまでわからないという。何より患部には、いまも補強用のプレートを入れている。意気込みを問われれば、「嬉しい」と同時に「怪我をしないように」とも言ったものだ。

 もっともキックオフの笛が鳴れば、ヘルは真っ先に「プレッシャー」をかけにゆくだろう。サンウルブズでの定位置争いに勝てば、2019年のワールドカップ日本大会出場への道も開けてくる。カムバックの一戦を今後の名刺代わりとすべく、静かにその時を待つ。(文:向 風見也)