早田ひな 写真:アフロ

 2018年シーズンのITTFワールドツアーは3戦目の「ドイツオープン」<3月20~25日/ブレーメン>を迎えた。今大会も前回カタールオープン同様、最高格付けのプラチナ大会で獲得ポイントが高く、世界ランクに大きく影響するとあって、どの選手も意気揚々だ。ちなみにプラチナ大会の男女シングルスで優勝した場合の加算得点は500ポイント。これはプラチナでない大会の2倍にあたる。2020年東京五輪の日本代表選考が本格化する今シーズン。その指標の一つとなる世界ランクの変動からも目が離せない。



 前回カタールオープンには伊藤美誠(スターツSC)が平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)とのダブルスで出場したが、ドイツオープンではまた「みまひな」こと伊藤/早田ひな(日本生命/希望が丘高校)ペアが第1シードで復活する。早田にとってドイツオープンは昨年、平野とのペアで女子ダブルス優勝を果たした験のいい大会。早田自身も「自分にとっては自信を持っていける。他の選手は向かってくると思うので自分たちらしいプレーをしたい」と意気込みを語っている。

 女子シングルスで注目したいのが平野だ。昨年は前半の勢いから一転、後半は勝てない試合が続き精彩を欠いた。だが、前回カタールオープンでは久々に強気なプレーが随所に見られ、勝負に向かう気迫が戻ってきた印象だ。本人も自身のSNSで「久々にスッキリする試合も出来ましたが、課題も残ったので、これから活かせるように頑張ります」と前向きな発信をするなど、今回ドイツオープンでも元気な姿を見たい。



<女子シングルス決勝トーナメント日本人出場選手>
石川佳純(全農)WR3
伊藤美誠(スターツSC)WR5
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)WR6
早田ひな(日本生命/希望が丘高校)WR12
佐藤 瞳(ミキハウス)WR16
加藤美優(日本ペイントホールディングス)WR17
森さくら(日本生命)WR19
橋本帆乃香(ミキハウス)WR23
芝田沙季(ミキハウス)WR24
大藤沙月(ミキハウスJSC)WR273
※WR=3月時点での世界ランク