3月30日から4月8日にかけて埼玉県・熊谷スポーツ文化公園で開催される「第19回 全国高校選抜ラグビー大会」の組分けが決定した。全国9ブロックの予選を突破したチームに、開催県枠と実行委員会推薦枠のチームを加えた計32校が4チームずつの8組に分かれ、それぞれグループ総当たり戦を実施し、各1位チームが決勝トーナメントに進む。

 昨年度優勝校の桐蔭学園(神奈川)は、初出場となる関商工(岐阜)や、四国大会を制した城東(徳島)、北海道ブロック優勝の札幌山の手と一緒のDグループで戦う。

 上位争いの常連である東福岡(福岡)は、東北王者の秋田工業(秋田)、開催県枠で初出場となる昌平(埼玉)、そして近畿大会5位チームと一緒のFグループに入った。

 近畿ブロック(5校)は、報徳学園(兵庫)、大阪桐蔭(大阪)、天理(奈良)、御所実業(奈良)が同地区大会でベスト4入りして出場権を獲得しているが、ブロック内順位と第5代表(常翔学園または東海大仰星)は23日に決まる。

 なお、大会は「J SPORTSオンデマンド」で全試合LIVE配信される。

<第19回 全国高校選抜ラグビー大会 組分け>

【Aグループ】
・近畿4位チーム
・深谷高校(関東④/埼玉) 7大会連続10回目
・大分舞鶴高校(九州⑤/大分) 3大会連続11回目
・黒沢尻工業高校(東北②/岩手) 2大会連続3回目

【Bグループ】
・流通経済大学付属柏高校(関東②/千葉) 2大会連続12回目
・長崎北陽台高校(九州②/長崎) 3大会ぶり5回目
・関西大学北陽高校(推薦/大阪) 初出場
・仙台工業高校(推薦/宮城) 初出場

【Cグループ】
・近畿3位チーム
・佐野日本大学高校(推薦/栃木) 初出場
・福岡工業高校(推薦/福岡) 初出場
・函館ラ・サール高校(北海道②) 2大会ぶり3回目

【Dグループ】
・桐蔭学園高校(関東①/神奈川) 16大会連続17回目
・関商工高校(東海②/岐阜) 初出場
・城東高校(四国/徳島) 2大会連続2回目
・札幌山の手高校(北海道①) 14大会連続14回目

【Eグループ】
・中部大学春日丘高校(東海①/愛知) 2大会連続9回目
・仙台育英学園高校(東北③/宮城) 7大会連続16回目
・尾道高校(中国/広島) 6大会連続11回目
・茗溪学園高校(関東③/茨城) 3大会連続11回目

【Fグループ】
・東福岡高校(九州①/福岡) 12大会連続15回目
・秋田工業高校(東北①/秋田) 3大会連続10回目
・近畿5位チーム
・昌平高校(開催県/埼玉) 初出場

【Gグループ】
・近畿1位チーム
・日本航空高校石川(北信越①/石川) 3大会連続6回目
・高鍋高校(九州④/宮崎) 2大会連続4回目
・東京高校(関東⑥/東京) 2大会ぶり2回目

【Hグループ】
・近畿2位チーム
・東海大学付属相模高校(関東⑤/神奈川) 2大会連続3回目
・佐賀工業高校(九州③/佐賀) 6大会連続13回目
・新潟工業高校(北信越②/新潟) 2大会ぶり8回目