長﨑美柚 写真:Imaginechina/アフロ

 長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)が17日、ワールドツアー・ドイツオープン<ブレーメン 3/20~25開催>に出場するため羽田空港から出発した。




Q:世界卓球代表が決まって、率直な気持ちは

今年の世界卓球(世界選手権)には選ばれたいと思っていたんですけど、世界ランクも低かったですし、実力もまだまだなので、今年はちょっと無理かなと思ってたんですけど、まさか自分が推薦されると思ってなかったので、初めて聞いたときはまず、すごく嬉しかったです。


Q:どういう状況で誰から聞いた?

カタールOPの時に、ツイッターで結構まわってたらしくって、美宇さんが応援ありがとう~て来て、その時に教えていただいて、それもテレ東さんのツイッターだったらしいです。(笑)


Q:(石川佳純・平野美宇・伊藤美誠・早田ひな)先輩方はどんな先輩?

石川さんは自分にとって一番の憧れの先輩、左利きというのもありますし、小さい頃から石川さんを目指して頑張ってきて、今回一緒に世界卓球に出られるとなって、すごく嬉しいです。

高校2年生の3人は、ホープスの選考会、小さい頃から知っていて、仲よくしてもらったり、可愛がってもらって、今では3人は強すぎて、日本で本当に大切な存在というか、そんな方たちと一緒にこうやって出場することができて、少し成長できてるのかな、近づけているのかなと思ってるし、まだ尊敬する先輩達ではあります。


Q:今思う自分の強みは

一番は競ったところでも、積極的に攻められるところ。技術的にはチキータであったり、自分のドライブ、回転量とかスピードがすごい武器なので、それを今後も活かしていけるようにするのと、あと自分の弱点、改善点とかを直してバランスのよい選手になりたいです。


Q:カタールOPでは憧れの石川選手と戦いで惜しくも敗れてしまったが

結果的には2-4だったんですけど、内容は全然、自分と石川選手の差があるなと、直接実感した試合でしたし、あと習わないといけないこととか、自分でも改善しないといけないことがすごく見つかった、すごくいい試合だったので、これからその試合を参考にして、自分の練習メニューだったり見習うところであったり、そして強くなっていきたいです。




Q:現時点での目標は?

日本の大会はちゃんと優勝して、今年はワールドツアーにたくさん出場できると思うので、まず一般の部ではランクに入れるようにして、どんどん世界ランクを上げていって、将来はオリンピックに出てメダルの獲れる選手になりたいです。


Q:今年世界ランクをどれぐらいまで上げたい?

まず20位ぐらいにはしたいです。


Q:中国選手に対して意識する部分とは?

前回世界ジュニアの時に、中国選手に勝った時は、何も相手が中国人だからとは意識せずに戦ったことによって、普通にプレーすることができて勝つことができたので、だから今後は中国選手だからというよりは、自分の実力を十分に発揮して、楽しんで試合しようと思います。


Q:ドイツOPへの意気込みをお願いします

まずトップ選手と試合ができるように、一戦ずつ勝っていって、世界卓球、オリンピックへの準備をこういうワールドツアーでしていきたいし、あと強い選手と対戦することによって、自分の弱いところとかいいところとかたくさんわかると思うので、勉強しつつ成長していきたいです。