Aブロックには地区大会優勝校が6校集結

 第90回記念選抜高等学校野球大会の組み合わせ抽選会が16日、大阪市内で行われた。今大会では、例年より4校多い全36代表が優勝を目指して凌ぎを削る。大阪桐蔭(大阪)や智弁学園(奈良)などの常連校に加え、初出場は10校。見どころ満載の記念大会の見どころを、トーナメント表を9校ずつ、4つのブロックに分けて紹介したい。

 まずはAブロックから。9校のうち6校が昨秋の地区大会優勝校という激戦区となった。本大会の開幕戦ともなった東筑(福岡)~聖光学院(福島)は、ともに昨夏から連続出場。昨年、甲子園のマウンドを経験したエース石田を擁する東筑に対し、聖光学院はメンバーがガラッと入れ替わったが、切れ目のない打線で昨秋の東北王者に輝いた。その勝者と2回戦で戦うのが、関東大会準V・東海大相模(神奈川)だ。昨秋防御率0.00のエース斎藤の他、攻撃では高校通算44本塁打の森下と投打の柱が充実している。

 強打の静岡(静岡)、堅実な守備を見せる駒大苫小牧(北海道)も、地区大会優勝校同士の戦いで楽しみな一戦だ。神宮大会優勝の明徳義塾(高知)は昨秋の公式戦10戦に完投し、多彩な変化球が武器のエース市川に注目が集まる。対戦相手の中央学院(千葉)も関東王者だが、実は神宮大会初戦で対戦済み。その試合では中央学院が誇る投打のエース大谷に特大アーチを許したが、「一度戦っている相手なのでやりにくくはない」と名将・馬淵監督は闘志を燃やす。4人の好投手を擁する日本航空石川(石川)も強力打線が看板で、データ野球で相手を解析する21世紀枠の膳所(滋賀)と対戦する。

Cブロックは大阪桐蔭が中心か、彦根東VS慶応の進学校対決も

 Bブロックは、強力打線が看板の智弁和歌山(和歌山)が面白い存在になりそう。140キロ右腕のエース平田と高校通算33本塁打の主砲・林がどんな働きを見せるか。九州王者の創成館(長崎)は昨秋の神宮大会で準優勝。投手陣の層の厚さと足を絡めた多彩な攻めで強豪校を次々と撃破し、大きな自信を得た。対する下関国際(山口)は中国大会準優勝校で、制球力が高く打棒でもセンスの高さを見せるエース鶴田が軸となる。一昨春のセンバツ王者・智弁学園(奈良)は大砲こそいないが、小技を使った攻撃で上位進出を狙う。

 Cブロックは、戦力が充実した大阪桐蔭(大阪)が中心となりそうだ。エース柿木、投打の柱・根尾など、能力の高い選手が揃うが、プロ注目の1番打者・藤原がケガのため出遅れているのがやや気がかりだ。昨秋東海大会準優勝ながら破壊力抜群の打線を誇る東邦(愛知)は、左右の好投手を擁する花巻東(岩手)と対戦する。昨夏の甲子園マウンドを経験した好左腕・増居を中心とすつ彦根東(滋賀)は、慶応(神奈川)と“進学校対決”。どのような戦いを見せるか。瀬戸内(広島)は昨秋の中国大会・初戦で1試合4本塁打をマークした門叶の打棒に注目が集まる。

 Dブロックは投手力の高いチームが集まった。星稜(石川)は、昨秋の北信越大会で146キロをマークした2年生右腕・奥川、安定した投球が持ち味の3年生右腕・竹谷のダブルエースがいる。乙訓(京都)は制球のいいエース右腕の川畑、プロ注目の左腕・富山のピッチングが楽しみだ。金城、林のダブル左腕が好調の近江(滋賀)や、強打の日大三(東京)も上位進出をうかがう。

 紫紺の優勝旗を目指す戦いは23日から13日間の日程で開催される。(沢井史 / Fumi Sawai)