阪神電気鉄道は、甲子園駅の列車接近メロディを第90回選抜高等学校野球大会の入場行進曲「今ありて」に期間限定で変更する。

阿久悠が作詞を担当し、谷村新司が作曲した「今ありて」は、1993年の第65回記念大会から3代目の大会歌となり、同年に入場行進曲として使用された。今回、第90回記念大会に合わせ、25年振りに入場行進曲として使用される。

甲子園駅では、第90回選抜高等学校野球大会が開幕する3月23日(金)の始発から、大会終了日となる4月4日(水)の終電まで列車接近メロディを「今ありて」に変更する。期間中は、列車接近時に「今ありて」のサビの部分を約10秒間放送し、列車の接近・到着を知らせる。

なお、甲子園駅列車接近メロディの高校野球大会関連曲への変更は、春の大会では4回目の実施となる。