現地3月9日にシアトル・シーホークスを放出されFAになったばかりのリチャード・シャーマンが、現地10日にサンフランシスコ・49ナーズと、3年3900万ドルの契約で合意したと報じられている。シーホークスと49ナーズは同じNFC西地区に所属しているため、シャーマンは2018年シーズンに2回古巣と対戦する予定だ。

また、2018年のプロボウルに選出された場合、1600万ドルの基本年俸が、2019年と2020年に保証される。シャーマンは実力を示すことで、平均年俸1100万ドルのシーホークス時代を大きく上回る年俸を得ることができる内容の契約だ。