ゴールドウインは、日本ボッチャ協会のゴールドパートナーとして、ボッチャ日本代表「火ノ玉JAPAN(ひのたまジャパン)」に2018年シーズン公式ユニフォームを提供した。

公式ユニフォームは、ナショナルカラーである赤と白のトップスに「勝色」とされる紺色をプラスし、古来より勝負事において縁起が良いとされる「毘沙門亀甲柄」を組み合わせ、勝利にこだわる「火ノ玉JAPAN」を表現。ゲームウエアは、ボッチャ競技特有の腕の動きや、車椅子とウエアの摩擦抵抗による投球動作への影響を考え、専用ウエアとして開発した。

ゲームトップスは、アンダースローとオーバースローのいずれの投球動作にも対応できる新しいカッティングと、素材の組み合わせを採用。投球時の腕の前後の振り運動に対して、ウエアの運動動作抵抗を軽減し、投球動作を妨げない工夫が加えられている。

ゲームボトムスは、選手が投球動作時に車椅子との微妙な滑り具合を加味していることから、ノーマルタイプ、ニット素材とのハイブリッドタイプ、滑り止めプリント加工タイプの3種類を用意。選手によって異なる微妙な感覚をサポートする。

ボッチャ日本代表公式ユニフォーム、ゴールドウインが提供

ボッチャ日本代表公式ユニフォーム、ゴールドウインが提供