アマナキ・レレィ・マフィ――。この名前を覚えている人も多いだろう。2015年、イングランドで行なわれたラグビーワールドカップ。日本代表が南アフリカ代表を倒した「世紀の大金星」で、身長189cm・体重112kgの身体を活かした突破力を武器に勝利に貢献した、あのNo.8(ナンバーエイト)だ。



トンガ出身のアマナキ・レレィ・マフィが第二の故郷で大暴れ

 3月3日、日本を本拠地とするサンウルブズは同じオーストラリア・カンファレンスに所属するレベルズを東京・秩父宮で迎え撃った。そのレベルズに在籍しているのが、日本代表のマフィだ。マフィは日本のトップリーグを戦いながら、昨年からメルボルンを本拠地とするレベルズでもプレーしている。

 つまり、マフィはラグビー日本代表に選ばれている選手のなかで唯一の「海外組」である。今回、日本代表のチームメイトが多く在籍しているサンウルブズと初めて対戦することになったというわけだ。

 2015年のワールドカップで大活躍したことにより、マフィには海外チームから多数のオファーが舞い込んだ。マフィは「自分を一番評価してくれるチームに行く」と公言し、NTTコミュニケーションズでプレーしながら1年の半分を2016年はイングランドのバースで、そして2017年からスーパーラグビーのレベルズで研鑽を積んでいる。故郷のトンガにも距離的に近いため、家族と静かに暮らせるメルボルンは大いに気に入っているという。

 昨年、マフィは最下位に沈んだレベルズのなかで15試合すべてに出場し、184回のボールキャリーで合計1378mを走り、スーパーラグビーの「ベスト15」、さらにはオーストラリア国内における「スーパーラグビー最優秀賞」を受賞した。スーパーラグビーの舞台が水に合っていたようで、ワールドカップに続いて世界のラグビーシーンに大きなインパクトを与え、今やすっかりレベルズの顔のひとりだ。

 高校卒業後に来日したマフィは、決して強豪とは言えない関西2部リーグの花園大学でプレー。その後、2014年度のトップリーグで新人ながら大活躍し、一気にスターダムにのし上がった。NTTコムのチームメイトは「フィジカルモンスター」と呼び、チームの指揮官も「世界のどこでも活躍できる」と手放しで称賛するなど、現在28歳のマフィは日本ラグビーで大きく育った選手のひとりと言えるだろう。

 当時、日本代表を率いていたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)も、「Xファクター(特別な能力を持った選手)」「ギフト(神様からの贈りもの)」とマフィの能力を絶賛し、すぐに日本代表へと招集した。ただそのとき、U20トンガ代表歴もあるマフィは母国での代表のことも考え、大いに悩んだという。

 しかし2014年11月、日本代表の「桜のジャージー」で戦うことを選択。そしてエディー・ジャパンからジェイミー・ジャパンになっても、マフィは日本代表として献身的に身体を張り続け、現在までキャップ数は19を誇っている。

 来日して8年が経ち、マフィは日本人女性のあずささんと結婚、さらに2016年9月には長男・レオ海琉(かいる)君も誕生し、すっかり「日本を自分の国だと思っている」と語る。そのため、今回のサンウルブズ戦はマフィにとって、第二の故郷である日本で戦う特別な試合だった。

 前日練習でマフィは、複雑な心境を吐露しつつも、胸を高鳴らせていた。

「初めて(日本代表の)仲間と戦うのはおかしいかなと思ったけど、FL(フランカー)リーチ(マイケル)や(NTTコムの)チームメイトのLO(ロック)/No.8ブリッツもいるので対戦が楽しみ。

 ただ、自分はレベルズのために、勝つようにがんばります。サンウルブズはスピードやクイックタップ(チョン蹴り)で攻めてくるが、セットプレーはあまり好きじゃないチーム。だから(自分は)フィジカルでラインブレイクをいっぱいして、トライを獲れたら(うれしい)」

 一方のサンウルブズは、もちろんマフィを警戒する選手のひとりに挙げていた。リーチは「(マフィは)パスをあまりしないので、あえてボールを持たせてプレッシャーをかけたい」と語り、キャプテンSH(スクラムハーフ)流大(ながれ・ゆたか)は「言葉でもイライラさせたい」と語気を強めて試合に挑んだ。

 ところが前半、サンウルブズはケガ人が続出したことも影響し、ボールを広く動かすレベルズのアタックを止めることができなかった。マークしていたマフィにも得意としている突破やジャッカル(ラックボールを奪うプレー)を許してしまい、前半12分にはトライも奪われてしまう。

 結果、サンウルブズは17-37でレベルズに完敗。試合前にマフィが「(サンウルブズを)圧倒したい。負けないように自分もアピールしたい!」と語っていたとおりの展開となってしまった。

 日本のラグビーファンにとっては、サンウルブズがあまりいいところなく負けてしまったことは残念だろう。だが、日本代表にとってマフィは心強い存在だと、再認識したのではないだろうか。

 マフィは初めて対峙したサンウルブズをこう評した。

「サンウルブズ、ベターになりました。インプルーブ(改善)した。いいチームになりました。(今年からサンウルブズの指揮官も兼任している)ジェイミー(・ジョセフHC)は2019年ワールドカップに向けて、いい準備をしているね」

 来年、マフィがサンウルブズに入ってくれれば、チームにとってもファンにとってもうれしいだろう。だが、リーチが「特別な存在」と認めるように、マフィには海外で進化を続けてほしいとも思う。いずれにせよ、マフィは2019年ワールドカップで日本代表の中心選手として勝利に貢献してくれるはずだ。