捲土重来を期する今年のスーパーラグビーで白星発進後、来日したメルボルン・レベルズ(オーストラリア)が、今週土曜日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれるサンウルブズ戦に向け、試合登録メンバーを発表した。

 レベルズは昨年1勝しかできず最下位に終わったチームだが、スーパーラグビーのステータスを失ったフォースからオーストラリア代表クラスを含め12選手が加入し、有能な若き指導者と評価が高いデイヴィッド・ヴェッセルズ ヘッドコーチも獲得して間違いなくチーム力はアップしている。
 先発の布陣は、今季初戦でレッズを45-19で下したメンバーとまったく同じで、オーストラリア代表キャップ保持者は9人並ぶ。

 日本代表のNO8で、昨年のレベルズ最優秀選手でもあるアマナキ・レレィ・マフィもスターターとなり、初めてサンウルブズと激突する。先週末のレッズ戦では、17回の力強いボールキャリーや3回のターンオーバー成功などハードワークでチームをけん引していた。

 フランスから帰国して新加入となったオーストラリア代表副将のSHウィル・ゲニアは、巧みなゲームコントロールでレベルズを操る要注意人物のひとり。レッズ戦でレベルズは7トライを奪ったが、そのうちの2トライはフォースから移籍加入したオーストラリア代表のFBデイン・ハイレットペティが挙げ、13回のボールキャリーで146メートルゲインと存在感を示した。100メートルを10秒5で走るというWTBセファ・ナイヴァルも脅威。副将のCTBトム・イングリッシュは突破力があり、身長204センチ、体重122キロでセットピースの要となる主将のLOアダム・コールマンはスーパーラグビー出場50試合目となる。

 そして、宗像サニックスブルースの選手として2017-18トップリーグでプレーした元イングランド代表のLOジェフ・パーリングがリザーブに名を連ねた。プレミアシップ(イングランド最高峰リーグ)で優勝経験がある北半球のトッププレーヤーだったパーリングは、南半球の猛者や日本の選手たちが集うスーパーラグビーに挑戦するのは今年が初めてで、サンウルブズ戦でデビューとなりそうだ。

1.テテラ・フォークナー  2.ジョーダン・ウエレセ  3.ジャーメイン・アインスリー  4.マット・フィリップ  5.アダム・コールマン(主将)  6.ロペティ・ティマニ  7.アンガス・コットレル  8.アマナキ・レレィ・マフィ  9.ウィル・ゲニア  10.ジャック・デブレツェニ  11.セファ・ナイヴァル  12.リース・ホッジ  13.トム・イングリッシュ  14.ジャック・マドックス  15.デイン・ハイレットペティ

〔リザーブ〕
16.エイノル・ランギ  17.フェレティ・サアンガ  18.サム・タラカイ  19.ジェフ・パーリング  20.ロス・ハイレットペティ  21.コルビー・ファインガア  22.マイケル・ルル  23.ビリー・ミークス