GfKジャパンは、全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗、インターネット通販での販売実績を基に、2017年の主要ゴルフ用品の販売動向を発表した。

2017年の主要ゴルフ用品小売市場は、前年比4%増のプラス成長に転じ、1,710億円となった。分類別にみると、市場の63%を占めるクラブが金額前年比6%増、20%を占める用品類が金額前年比5%増となった一方、ボールは金額前年比1%減と緩やかな縮小が続いた。

数量ベースで見るとクラブは前年比1%減となったが、平均価格が前年から7%上昇しており、金額ベースでは前年比6%増となっている。ドライバーは金額前年比7%増。フェアウェイウッドも金額前年比4%増、アイアンセットも下半期の販売伸長により金額前年比6%増となった。2017年はパターも好調で、金額前年比14%増を記録した。

ゴルフシューズは、数量が前年比2%減となった。しかし、金額は前年比6%増となっており、税抜き平均価格は前年を8%上回る11,900円。近年、注目されているスパイクレスシューズは、前年から数量構成比が6%ポイント拡大し、27%となっている。

キャディバッグは、数量が前年比3%増、金額が前年比6%増となり、数量、金額ともに伸長。ここ数年で販売が増えている軽量モデルを見ると、重量3キロ未満の数量構成比は前年から6%ポイント拡大し、46%となっている。チャネル別では、インターネット販売が数量前年比10%超を記録。キャディバッグの販売数量に占める割合は、前年の17%から19%へ拡大した。

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向

ゴルフ用品小売市場がプラス成長、前年比4%増…2017年販売動向