今季のJ開幕から早いもので一週間が経過、スポブル編集部スージーです。3月といえば、YBCルヴァンカップのグループステージが始まり、J3が開幕。平日ナイトゲームも開催され、いよいよJ.LEAGUEも春本番!

そんなこんなでJ.LEAGUEも 第2節を迎えます。筆者スージー的に注目しているのは、3月3日(土)味の素スタジアム15時Kickoff  FC東京vsベガルタ仙台。ちなみにこの日の味スタでは、試合後に平山相太さんの引退セレモニーが計画されているそうで。F東(エフトー)さんの粋な計らい、仙台さんからの愛、当日の試合結果も踏まえて、色んなものが混ざってくるでしょうね。春一番の味スタ劇場は、見逃せないドラマが待っています(╹◡╹)

F東からも仙台からも愛された、ストライカー平山さん。とある未確認情報では、セカンドキャリアを予感させる解説者デビューの噂も。もしかして?!と「DAZN(ダ・ゾーン)」の番組表で味スタの日をチェックしたところ、残念ながら平山さんのお名前はありませんでした。番組表には【解説:秋田豊さん、実況:野村明弘さん、リポーター:中願寺香織さん】とお馴染みのメンバーしか記載されておらず、筆者スージーは当日のサプライズに期待を膨らませている状態です。

ちなみに平山相太さんのセカンドキャリアは、大学進学なのだそう。サッカー人生の節目に”学び”を選択したあたりも、指導者としての夢や目標に向かうためなのかも。色々な憶測はさておき、第2節もJの戦いは続きます。ところで「セカンドキャリア」「FC東京」といえば、2017シーズンをもって現役生活の幕を閉じた元サッカー日本代表の石川直宏さんが「FC東京クラブコミュニケーター」 に就任されました。

石川さんのようにここ数年、元Jリーガーは「監督」や「コーチ」といった実戦の場ではなく、あえて「ピッチ外」で「クラブを支える」スタッフとしてセカンドキャリアを築く方も多いようで。以下は、筆者スージーの主観ですが「FC東京クラブコミュニケーター」に求められる役割とは、一見華やかにみえて中身は地道で大変そうなミッションばかりだな、と。

そう感じたのは、現在「スポーツブル」で配信中の動画「CRAZY ATHLETES」で石川直宏さんのインタビュー現場に立ち会った時のこと。セカンドキャリア始動から2週間程度のタイミングでお話を伺いましたが、個人的に驚くべき事実が判明したのです。

つい最近まで「F東のナオさん」でおなじみだった石川さんは、この短期間で「FC東京クラブコミュニケーター/石川直宏」として、沢山の活動を着手していたこと。そして、今の「FC東京」がクラブとしてあるべき姿や現状、様々な課題や問題を細かく理解し、自ら毎日動き出していたのです。インタビューでは、少しだけ斬り込んだ話や、J.LEAGUE53クラブ全体が抱える地域の課題についても話してくれました。ふむふむ、これは元選手でなければ発言できないリアルな言葉ばかり。さすが「F東のナオさん」、改めてリスペクトっす。

F東サポさんも、クラブも選手達も、色んなことを「ナオさん」には言いやすい環境でしょうし、「ナオさん」でしか成し得ないミッションは沢山あるでしょう。「FC東京クラブコミュニケーター/ 石川直宏」としてサッカー人生のリスタートを切った「ナオさん」が「FC東京」というJ.LEAGUEのクラブとともにどんな化学反応を起こすのでしょう。誰も想像しないJのドラマが日本の首都・東京から発信されます。

さぁ週末です。J.LEAGUE 第2節の入り口は、金曜夜のナイトゲーム3試合から。帰り道は、それぞれ終電を気にしながらスタジアム周辺の居酒屋で一杯引っ掛けるのもいい季節ですね(*≧∀≦*)

文:編集部スージー

余談:インタビューの合間に「F東のナオさん」が「サッカー人生を共にする家族」について話してくれました。引退試合で「パパ、カッコいい!」と何度も反応していた長女の樺音(かのん)ちゃんは、最近、スーツ姿で出掛けるパパを見送る際「サッカー行ってらっしゃーい」と現役時代と変わらず声をかけにくるようです。「その光景は常にそばにいて、長きに渡り冷静に支え続けた奥様の姿と少し似ていますね」と尋ねたら、石川さんは笑いながら「まぁ、似てますね!」と反応し「(娘さんは)今の僕の姿も理解し、変わらず応援してくれている」と話してくれました。樺音ちゃんにとって「パパのお仕事」は「ずっとサッカー」で変わりなく。スーツ姿もユニフォーム姿も「カッコいい!」んだろうなぁ、と。ってゆうか、樺音ちゃん。自分のパパが石川直宏って凄いことですぞ(^〜^* 授業参観とか鼻高々でしょうね、羨ましい!

___

【編集部スージーの熱血コラム「Jの部屋」】とは?

J.LEAGUE全国各地のスタジアムに一人でも多くの人を誘いたいスポブル新人編集部員スージーが、J.LEAGUEに関わるヒト、コト、モノを記事化するスポブル限定コンテンツ。阿部勇樹選手のフリーキックを市原臨海競技場で観た翌日から、J.LEAGUEサポーターになったスージー。雨の日も風の日もJ.LEAGUEという最高の空間で泣き笑い怒り、サッカー取材に携わり十数年。過去取材では、名将イビチャ・オシム氏から突然オシム語録を継承され、大勢のメディアが集う国立競技場で大恥をかいた苦い経験も併せ持つ。個人的な夢は、インターネットとJ.LEAGUEと地域のさらなる共存。千葉県出身で、J2/ジェフユナイテッド市原千葉に興味が高い。今季の期待は、高橋壱晟(たかはし・いっせい)選手(J2/レノファ山口FC)の突破力。

___

完全無料アプリ「スポーツブル」では、「J.LEAGUE速報スタッツ」とスポブル編集部独自の視点でJ1からJ3の各クラブの熱血情報を随時アップロード。2018シーズンスポブル限定J.LEAGUE熱血情報は、サッカーページと地域ページで閲覧可能。

ここで告知番長/編集部スージーからお知らせです。「F東のナオさん」が表紙を飾るフリーペーパー※「CRAZY ATHLETES magazine Vol.5」が2018年3月15日に全国のららぽーとなどで無料配布されます。

2017シーズンをもって18年間の現役生活にピリオドを打ち、現在は「FC東京クラブコミュニケーター」として活動中の石川直宏さんが「CRAZY ATHLETES magazine」に登場。15日の最新号配布をお楽しみに!

※「CRAZY ATHLETES magazine」とは、毎月15日に全国のららぽーとなどで無料配布中のフリーペーパー。完全無料スポーツアプリ「スポーツブル」で配信中のアスリートインタビュー動画「CRAZY ATHLETES」の豪華冊子版。動画とはまた違う魅力満載の「CRAZY ATHLETES magazine」お買い物の途中に是非お手にとってご覧ください。

 

2018年3月15日発行「CRAZY ATHLETES magazine」ららぽーと他で毎月15日無料配布中のフリーペーパー