南アフリカラグビー協会とウェールズラグビー協会は2月26日、両代表チームによるテストマッチを、6月2日にアメリカ合衆国のワシントンDCで開催することが決定したと発表した。

 セブンズがオリンピック競技となったこともあって、アメリカではラグビー人気が高まっていると言われており、2014年11月にニュージーランド代表が、2015年のワールドカップ前にはオーストラリア代表が、どちらもシカゴに飛んでアメリカ代表と試合を実施。2016年11月には同じくシカゴでアイルランド代表×ニュージーランド代表のテストマッチがおこなわれたが、首都ワシントンで強豪国同士が対戦するのは初めてとなる。

 試合会場は、約4万5000人収容可能なロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム。

 南ア代表は2001年12月にヒューストンでアメリカ代表と対戦したことがあるが、南ア協会によれば、ワールドカップを除いて、第三国(当事国以外の国)でテストマッチをおこなうのは初めて。新しい指揮官による新体制は近日中に発表される予定で、このウェールズ代表戦が初陣となる。
 ウェールズ代表は今年6月のサマーツアーはアメリカ大陸遠征となり、ワシントンで戦ったあとは南米に移動し、アルゼンチン代表と2試合を予定している。