24日、卓球・チームワールドカップ2018<2月22日~25日開催 イギリス・ロンドン>男子準決勝が行われ、日本が韓国を3対2で破り、決勝進出を決めた。

予選ラウンドと同じく、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(JOCエリートアカデミー)、上田仁(協和発酵キリン)が出場。

Photo:Itaru Chiba

第1試合のダブルスでは、上田/丹羽ペアがイ サンス/チョン ヨンシクをフルゲームの末、破り先勝。第2試合は今大会エースとして出場している14歳・張本智和が3-1でチョン サンウンに勝利し、日本が2勝とし決勝進出に王手をかけるも、第3試合の丹羽がチョン ヨンシクに敗れると、張本もイ サンスに逆転負け。

2勝2敗で迎えた、最終第5試合、チーム最年長となる上田仁はチョン サンウンと対戦。ファイナルゲームまでもつれた試合は6-10と先にチョンサンウンにマッチポイントを奪われる苦しい展開も、上田が連続得点で勝利。劇的な逆転勝ちで決勝進出を決めた。

チームワールドカップにて 男子日本チームが決勝に進出するのは初めての快挙となる。決勝戦は地元インランドを3対0で完勝した卓球王国・中国との決勝戦に挑む。

Photo:Itaru Chiba


<卓球・チームワールドカップ2018>
【準決勝】
日本 3-2 韓国

上田仁/丹羽孝希 3-2 イ サンス/チョン ヨンシク
13-11/6-11/10-12/11-9/11-5

張本智和 3-1 チョン サンウン
11-9/11-9/8-11/11-7

丹羽孝希 1-3 チョン ヨンシク
7-11/11-7/9-11/9-11

張本智和 2-3 イ サンス
11-8/11-6/2-11/14-16/8-11

上田仁 3-2 チョン サンウン
12-10/5-11/6-11/11-6/16-14