24日、卓球・チームワールドカップ2018<2月22日~25日開催 イギリス・ロンドン>準決勝が行われ日本が北朝鮮を3対0で破り決勝進出。

予選からメンバーを固定してきた日本は、第1試合のダブルスで世界卓球銅メダルペアの早田ひな(日本生命)/伊藤美誠(スターツSC)ペアがチャヒョシム/キム・ナムヘ ペアを11-3、11-8、12-10のストレートで下す。



第2試合は世界ランク4位のエース・石川佳純(全農)とリオ五輪で石川を破っている世界ランク52位のキムソンイとのリベンジマッチとなった。試合はリベンジに燃える石川が11-3、11-8、11-7のストレートでキムソンイを圧倒。最後は早田ひな(日本生命)がゲームカウント3-1で締めて、決勝進出。史上初のワールドカップ優勝まであとひとつとした。決勝は中国と香港の勝者と激突する。

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


試合後、石川は「リオ(五輪)のシングルスのリベンジが出来たのですごくうれしいかった。大きな進歩を感じた。絶対負けられないと思っていたので、最高の1日となりました。」と語った。

<卓球チームワールドカップ2018>
【準決勝】
日本 3-0 北朝鮮
伊藤美誠 / 早田ひな 3-0 チャヒョシム / キム・ナムヘ
11-3/11-8/12-10

石川佳純 3-0 キムソンイ
11-3/11-8/11-7

早田ひな 3-1 チャヒョシム
11-8/11-13/11-9/11-9