張本智和 Photo:Itaru Chiba

23日、卓球・チームワールドカップ2018<2月22日~25日開催 イギリス・ロンドン>準々決勝が行われ日本が香港とのフルゲームの末を3-2で破り、メダル獲得を決めた。第2戦と同じく、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(JOCエリートアカデミー)、上田仁(協和発酵キリン)が出場。



第1試合のダブルスで丹羽/上田ペアが3-2のフルゲームを制し、第2試合目は張本が世界ランク7位のコウ鎮廷に対しストレートで落とす。しかし、第3試合で上田が取り返し流れを引き寄せるも、第4試合の丹羽は張本に続き、コウ鎮廷に敗れる。2対2で迎えた、最終第5試合は張本智和が再び登場。第1ゲームを先取するも、2試合連続でストレート負けの悪い流れを断ち切れず、第2ゲームを落とす。しかし、全日本王者の意地を見せ第3ゲームを逆転で奪うと第4ゲームは今までの苦戦が嘘のように終始圧倒して準決勝進出。

24日(土)の準決勝はフランスを下している韓国と対戦する。

<卓球チームワールドカップ2018>
【準々決勝】
日本 3-2 香港
[第1試合]
丹羽孝希/上田仁 3-2 林兆恒/呉柏男
9-11/11-5/3-11/11-4/11-6

[第2試合]
張本智和 0-3 コウ鎮廷
9-11/8-11/7-11

[第3試合]
上田仁 3-0 呉柏男
11-4/11-9/14-12

[第4試合]
丹羽孝希 1-3 コウ鎮廷
11-9/11-13/3-11/8-11

[第5試合]
張本智和 3-1 林兆恒
11-8/8-11/11-8/11-5